このページの本文へ移動

Taxonomy Editor

Taxonomy Editorは、XBRL 2.0の規格で定義されているタクソノミーを作成・編集するためのツールです。
XBRL 特有の各要素定義間の5種類の関係を示すリンクベース(Presentation, Calculation, Definition, Label, Reference)を個別に、グラフィカルに作成できる環境を提供します。
また、本ツールによりタクソノミーの閲覧が容易に行えます。

特長

タブペインを利用したリンクベース毎の表示

XBRLで定義されている複数のリンクを明確に分割して表示する機能を提供し、混乱なく各リンクベースの編集を行えるようになります。

タクソノミー拡張のサポート

タクソノミーの中からインポートされた親タクソノミーを同時に表示します。また、拡張によってオーバーライドされ削除されたリンクの表示のOn/Offができます。

視覚的なリンク表示機能

Presentation, Calculation, Definition リンクの定義にツリービューを用いることで、親子関係が容易にわかります。またLabel, Reference リンクの定義には、表形式で表示を行うことで、定義内容を一覧することができます。

スキーマ定義情報から該当リンク情報へのアクセス

スキーマ定義により宣言されたアイテム・タプルを選択すると、自動的にそれらが現在表示されているリンクベースの中の関連するリンクへとフォーカスが連動します。逆にリンク情報からスキーマ定義情報への参照も可能です。

操作画面のイメージ

メインビュー

メイン画面は、スキーマ表示パートとリンク表示パートに分かれています。起動後に編集対象となるタクソノミーを指定して読み込むと、その内容が表示されます。

メイン画面
【図1 : メイン画面】

リンク表示ウインドウのタブを切り替えることによって、5種類のリンク情報がそれぞれ表示されます。

リンクベース表示画面
【図2 : 各リンクベースの表示】

データの閲覧

スキーマ表示ウインドウの宣言リストの編集対象の項目を選択すると、自動的にリンク表示ウインドウの対象位置にフォーカスを移動します。Label, Reference タブが選択されている場合は、各定義内容を表形式で表示します。

フォーカスの連動
【図3 : フォーカスの連動】

スキーマ・リンク表示ウインドウの各宣言項目の表示に、要素名をそのまま利用したり、Labelリンクで定義された内容を利用して表示できます。

表示切替イメージ
【図4 : 定義項目の表示切替】

詳細情報の編集

アイテム・タプルの内容変更や各リンク関係の編集は、該当項目を選択しエディットボタンを押すことで修正項目が表示されるダイアログが表示されます。


【図5 : リンク情報編集ダイアログ】

Label,Reference リンクの編集は、画面上に直接コンテンツを編集し、リンク内容はダイアログで編集します。

データ編集画面
【図6 : データ直接編集】

ダウンロード

Taxonomy Editorのダウンロードにあたってはライセンス規約に同意する必要があります。

XBRL公開ツールに関するお問い合わせ

XBRL公開ツールに関するご質問は、こちらまでお問い合わせください。

メールcontact-xbrltools@cs.jp.fujitsu.com