このページの本文へ移動

2019年 10月 現在

FUJITSU Software
WSMGR for Web APIサポート V8.0.0

WSMGR for Web APIサポート V8 は、WSMGR for Web V8のオプション製品です。本商品をWSMGR for Web V8に付加することで、メインフレームと接続し各種連携業務を行うためのインタフェースを提供するソフトウェアです。従来の基幹業務のソフトウェア資産に手を加えずに、メインフレームとWebアプリケーションを連携させた新サービスが容易に実現可能となります。

購入について

適応機種 概要

  • APIサポート機能
    PRIMEQUEST 3000/2000シリーズ / PRIMEQUEST 1000シリーズ / PRIMERGY / FUJITSU Cloud Service for OSS IaaS

  • シナリオ作成時
    PRIMEQUEST 3000/2000シリーズ / PRIMEQUEST 1000シリーズ / PRIMERGY / FMV / マルチベンダーサーバ・クライアント / FUJITSU Cloud Service for OSS IaaS

適応OS 概要

  • APIサポート機能
    Windows Server 2016(64-bit) / Windows Server 2012 R2(64-bit) / Windows Server 2012(64-bit) / Windows Server 2008 R2(64-bit)

  • シナリオ作成時
    Windows Server 2016(64-bit) / Windows Server 2012 R2(64-bit) / Windows Server 2012(64-bit) / Windows Server 2008 R2(64-bit) / Windows 10(64-bit) / Windows 8.1(64-bit) / Windows 7(64-bit)

機能説明

1. Web API機能

(1) シナリオ作成機能
メインフレームの業務画面の遷移関係をシナリオとして定義化することで、メインフレームの業務画面をオブジェクト化し自動実行することができます。WSMGR for Web V8で提供されるシナリオ作成支援ツール「スクリプトエディタ」によりGUI操作で、メインフレームの画面操作を記録し、記録した画面からシナリオを自動生成することが可能です。

(2) シナリオ公開機能
作成したシナリオをWeb APIとして公開し、ユーザアプリケーションよりREST(Representational State Transfer)で呼び出すことが可能です。シナリオ経由でメインフレーム上の操作が自動実行され、各画面の任意の領域をJSON(JavaScript Object Notation)データとして取得できます。


2. サーバAPI機能

サーバ上のアプリケーションからWSMGR for Webのマクロ機能と同等の処理を提供し、定型のオペレータ操作の自動化や繰り返し処理によるオペレータの操作を軽減することができます。サーバAPIはVBやC#などの.NET Framework用の言語を用いて記述します。


3. 接続形態

WSMGR for Web V8に準じます。


4. 利用分野/適用業務

メインフレームと連携するユーザアプリケーションを開発することができます。

システム/機能構成図

システム構成図

図を拡大表示

新規機能

新商品のためありません。

商品体系

【メディア】
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0

【WSMGR for Webがプロセッサライセンスの場合】
・WSMGR for Web APIサポート プロセッサライセンス V8

【WSMGR for Webがサーバライセンスとクライアントライセンスの組合せの場合】
・WSMGR for Web APIサポート 1クライアントライセンス(接続パス) V8
・WSMGR for Web APIサポート 20クライアントライセンス(接続パス) V8

購入方法

1. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(CD/DVD 等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途、ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1 本のメディアパックが必要です。バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


2. ライセンスについて

本商品には、「プロセッサライセンス」と「サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せ」の2種類の購入方法があります。WSMGR for Web V8で選択した購入方法に合わせて、本商品のライセンスを購入してください。
(1) WSMGR for Webが「プロセッサライセンス」の場合
「WSMGR for Web APIサポート プロセッサライセンス V8」を購入してください。プロセッサライセンスは、本商品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下のとおりに必要となるライセンスです。
・シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサあたり1本の購入が必要です。
・マルチコアプロセッサの場合は、コアの総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
マルチコアプロセッサにおける係数については、「関連URL」に記載の「FUJITSU Software(ライセンス)」内、「富士通製ミドルウェア商品のライセンス体系について」を参照ください。

(2) WSMGR for Webが 「サーバライセンスとクライアントライセンス」の組合せの場合
WSMGR for Web V8のサーバで定義する接続パス数に応じて、クライアントライセンスを購入してください。
・WSMGR for Web APIサポート 1クライアントライセンス(接続パス) V8
・WSMGR for Web APIサポート 20クライアントライセンス(接続パス) V8
サーバで定義する接続パス数とは、以下の定義数の合計です。
- シナリオを利用する場合: スクリプトエディタの「接続パス」の定義数
- サーバAPIを利用する場合: WSMGR for Webの接続アイコンの定義数


3. ライセンス購入時の注意事項

(1) 1つのサーバに対して、「プロセッサライセンス」と「サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せ」を混在して利用することはできません。また、WSMGR for Webと本商品は同じライセンスを選択してください。

(2) 「プロセッサライセンス」と「サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せ」との移行パスはありません。購入にあたっては十分な検討を行ってください。

(3) スクリプトエディタをPCにインストールする場合は、スクリプトエディタを利用するPC台数分のWSMGR for Webクライアントライセンスと、接続パス数分の本商品のクライアントライセンスが必要です。


4. 購入例

(A) 購入例1
以下のシステム構成の場合、購入対象商品と購入数は下記のようになります。
〔システム構成〕
・サーバ(4コア、1CPU 構成) 1台
・接続パス 20定義
〔対象製品と購入数〕
【プロセッサライセンスで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 → 1本
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 1本
・WSMGR for Web プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数)×1台分
・WSMGR for Web APIサポート プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数)×1台分
【サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 → 1本
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 1本
・WSMGR for Web サーバライセンス(クライアントライセンス用) V8 → 1本
・WSMGR for Web APIサポート 20クライアントライセンス(接続パス) V8 → 1本(20接続パス)

(B) 購入例2
以下のシステム構成の場合、購入対象商品と購入数は下記のようになります。
〔システム構成〕
・サーバ(4コア、1CPU 構成) 2台(それぞれ別業務)で運用
・接続パス 20定義
〔対象製品と購入数〕
【プロセッサライセンスで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
・WSMGR for Web プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数) ×2台分
・WSMGR for Web APIサポート プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数)×2台分
【サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
・WSMGR for Web サーバライセンス(クライアントライセンス用) V8 → 2本
・WSMGR for Web APIサポート 20クライアントライセンス(接続パス) V8 → 2本(20接続パス×2サーバ)

(C) 購入例3
以下のシステム構成でスクリプトエディタを使用する場合、購入対象商品と購入数は下記のようになります。
〔システム構成〕
・運用サーバ(4コア、1CPU 構成) 1台
・接続パス 20定義 (運用サーバで使用)
・開発用PC 2台 (PCにスクリプトエディタをインストールし接続パスをそれぞれ2つ定義)
〔対象製品と購入数〕
【プロセッサライセンスで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 →必要数分
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
運用サーバ用:
・WSMGR for Web プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数)×1台分
・WSMGR for Web APIサポート プロセッサライセンス V8 → (4コア×1CPU×コア係数)×1台分
開発PC用:
・WSMGR for Web 1クライアントライセンス V8 → 2本(開発用PC ×2台)
・WSMGR for Web APIサポート 1クライアントライセンス(接続パス) V8 → 4本(2接続パス×2台)
【サーバライセンスとクライアントライセンスの組合せで購入する場合】
・WSMGR for Web メディアパック(64bit) V8.0.0 →必要数分
・WSMGR for Web APIサポート メディアパック(64bit) V8.0.0 → 必要数分
運用サーバ用:
・WSMGR for Web サーバライセンス(クライアントライセンス用) V8 → 1本
・WSMGR for Web APIサポート 20クライアントライセンス(接続パス) V8 → 1本(20接続パス)
開発PC用:
・WSMGR for Web 1クライアントライセンス V8 → 0本(開発用PC×2台) (注)
・WSMGR for Web APIサポート 1クライアントライセンス(接続パス) V8 → 4本(2接続パス×2台)
注:WSMGR for Webクライアントライセンスは2本(開発用PC×2台)必要ですが、サーバライセンスにクライアントライセンスを16同梱しているため、購入数から除外することができます、また、購入済のクライアントライセンスのうち未使用分をスクリプトエディタ用のライセンスとして使用することができます。

関連ソフト

実行環境として必要な商品(必須)

本商品の実行環境として、以下の商品が必須です。
・WSMGR for Web V8

動作保証周辺機器

なし

留意事項

1. Windows OS(64-bit)上での動作

本商品は、以下のOS上で、64ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows Server 2016(64-bit)
- Windows Server 2012 R2(64-bit)
- Windows Server 2012(64-bit)
- Windows Server 2008 R2(64-bit)


2. WSMGR for Web APIサポートとWSMGR APIオプションの違い

本商品はWSMGR APIオプションとは異なる商品です。提供するAPIが異なるため、WSMGR APIオプション用のアプリケーションは動作しません。

関連URL

お客様向けURL