このページの本文へ移動

2019年 10月 現在

FUJITSU Software
WSMGR LBPサポート V8.0.0

WSMGR LBPサポート V8 は、WSMGR V8のオプション製品です。本商品をWSMGR V8に付加することで、PC側のプリンタを富士通ホストコンピュータ(GSシリーズ)のFMLBP114/F6671/F6677端末として利用できます。本商品によりオーバレイ印刷/各種印刷指定をホストコンピュータから行うことができます。

購入について

適応機種 概要

  • クライアント
    PRIMEQUEST 3000/2000シリーズ / PRIMEQUEST 1000シリーズ / PRIMERGY / FMV / マルチベンダーサーバ・クライアント

適応OS 概要

  • クライアント
    Windows Server 2016(64-bit) / Windows Server 2012 R2(64-bit) / Windows Server 2012(64-bit) / Windows Server 2008 R2(64-bit) / Windows 10(64-bit) / Windows 10 / Windows 8.1(64-bit) / Windows 8.1 / Windows 7(64-bit) / Windows 7

機能説明

1. FMLBP114モード/F6671モード機能

(1) FMLBP114モード:FMLBP114端末をエミュレーションします。
(2) F6671モード:F6671(VSP)/F6677端末をエミュレーションします。


2. 利用分野/適用業務

富士通ホストコンピュータと接続し、FMLBP114モード、またはF6671モード機能を使い、きめ細かいプリンタ制御をホスト側プログラムから制御することで、PCをホスト印刷サーバとして使用する場合にご利用いただけます。


3. GDI印刷のサポート

Windowsのプリンタドライバを使用するGDI印刷機能をサポートします。


4. スプール印刷機能

ネットワーク上のプリンタへの出力を可能にします。


5. 各種印刷指定

PC側プリンタの持つ各種印刷機能をホスト側から指示して印刷することができます。
印刷モード : ポートレイト、ランドスケープ、LPモード
用紙サイズ(注1) : A3、A4、A5、A6(注2)、B4、B5
給紙方法 : ホッパ1、ホッパ2、ホッパ不問、手差し
記録密度 : 100%、75% または 80%(注3)
印刷文字サイズ : 7ポ、9ポ、12ポ
(注1)プリンタによりホッパで使用できないサイズがあります。
(注2)ハガキ扱いとなります。
(注3)FMLBP114モードでは75%、F6671モードでは80%になります。


6. プリンタ設定のマッピング機能

給紙方法と用紙サイズはプリンタドライバで定義されたものにマッピングできます。
FMLBP114モード時
・記録密度は縮刷無しの デフォルト、及び80%指定のそれぞれの倍率にマッピングできます。
・フォントの指定で デフォルト及び、ゴシック指定に任意のフォントがマッピングできます。
F6671モード時
・フォントの指定で デフォルト、ゴシック指定及び ANKフォントのそれぞれに任意のフォントがマッピングできます。(ANKフォントの指定は、ホストで拡張A/Nモードの未使用時のみ可能)


7. OCR-B/バーコード印刷/カスタマバーコード印刷

OCR-B/バーコード印刷/カスタマバーコード印刷ができます。


8. F6671モードのみでサポートされる詳細機能は以下のとおりです。

(1) グラフィック印刷機能
(2) イメージ印刷機能
(3) ホストからのダウンロードオーバレイ印刷機能
(4) 拡張A/NモードでのANK 文字の装置内蔵文字セットパターンへの変換
(5) 両面印刷機能
(6) 片面/両面原点位置指定機能
(7) 縦書き印刷機能

システム/機能構成図

システム構成図

図を拡大表示

新規機能

V7.2L10からV8.0.0の機能強化項目は、以下のとおりです。

1. サイレントインストールに対応

従来のGUIベースのインストールに加え、コマンドラインによるサイレントインストールに対応しました。インストールの途中で、対話形式の情報入力を行わずにインストールすることができます。インストール時のパラメーターはCSVファイルで指定できます。


2. Windows Server 2016対応

動作環境としてWindows Server 2016 に対応しました。

商品体系

【メディア】
・WSMGR LBPサポート メディアパック(32bit) V8.0.0
・WSMGR LBPサポート メディアパック(64bit) V8.0.0

【ライセンス】
・WSMGR LBPサポート 1ライセンス V8
・WSMGR LBPサポート 20ライセンス V8

購入方法

1. メディアパックの種類について

本商品には2種類のメディアパックがあります。動作OSによりメディアパックが異なりますので注意が必要です。

(1) WSMGR LBPサポート メディアパック(32bit) V8.0.0
以下のOS上で32ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows 7 (32-bit)
- Windows 8.1 (32-bit)
- Windows 10 (32-bit)

(2) WSMGR LBPサポート メディアパック(64bit) V8.0.0
以下のOS上で64ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows 7 (64-bit)
- Windows 8.1 (64-bit)
- Windows 10 (64-bit)
- Windows Server 2008 R2 (64-bit)
- Windows Server 2012 (64-bit)
- Windows Server 2012 R2(64-bit)
- Windows Server 2016 (64-bit)

※Windows Server の Server Core、およびNano Serverはサポート対象外です。


2. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(CD-ROM等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途、ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1本のメディアパックが必要です。バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


3. ライセンスについて

本商品は、コンピュータ1台毎に1ライセンスを購入してください。複数台のコンピュータに適用する場合は、その台数に応じたライセンス数の購入が必要です。


4. リモートデスクトップサービス(RDS)/XenApp運用時の購入方法

(1) 本商品を利用予定のRDS/XenAppクライアント毎にWSMGR、通信制御サービスのライセンスが必要です。
(2) RDS/XenApp クライアント毎に起動されるユーザアプリケーションがWSMGR LBPサポート を使用する場合は、利用するクライアント毎にWSMGR LBPサポートが必要です。
(3) 利用可能な環境についてはWSMGRのソフトウェアガイドを参照してください。


5. V7.1/7.2からのバージョンアップについて

V7.1/7.2の本商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」のサービスの一環として、新バージョンを提供します。また、32ビット商品と64ビット商品間での切り替えも可能です。(お客様からのご要求が必要です。)
「SupportDesk」を導入されていない場合は、新バージョン商品を改めてご購入いただく必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。
なお、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SEにお問い合わせください。


6. ダウングレード使用について

本商品のライセンスを購入することにより、本商品の旧バージョン/レベルを使用する権利を得ることができます(以降「ダウングレード使用」とします)。
「ダウングレード使用」を適用する際には、旧バージョン/レベルの商品のインストール媒体をお客様が既に購入されていることが前提となります。
購入が必要なライセンス数については、本商品のライセンス購入方法にしたがってカウントします。
なお、本商品と旧バージョン/レベルの商品を同時に使用することはできません。
また、本商品の次バージョン/レベル以降を使用する権利はありません。

「ダウングレード使用」可能な商品は、以下のとおりです。
・WSMGR LBPサポート V7.1
・WSMGR LBPサポート V7.2

関連ソフト

1. 実行環境として必要な商品(必須)

本商品の実行環境として、以下の商品が必須です。
・WSMGR V8


2. オーバレイデータを利用する場合

以下のフォームオーバレイ作成ツールで作成したオーバレイデータを利用できます。
・FORM V6.0以降

動作保証周辺機器

サポートプリンタ

WindowsのGDI印刷が可能なプリンタをサポートしています。PostScriptなどGDI以外の印刷はサポートしていません。

留意事項

1. Windows OS(64-bit)上での動作

本体製品とOSの組み合わせにより動作が異なります。詳細は購入方法1項「メディアパックの種類について」を参照ください。


2. 本体製品との組み合わせについて

本商品はWSMGR V8に対してのみ付加できます。WSMGR for Webには付加できません。


3. OPRとFMLBP114モード、F6671モードの相違点について

FMLBP114モードについては、フォームオーバレイ機能を持った端末という事からOPR等のホスト連携用レーザビームプリンタと比較されがちですが、あくまでも新端末として定義されるものであり、OPRの代替品ではありません。
OPRからの代替を行う場合はF6671モードを使用してください。
なお、FMGプリンタのOPR機能の端末定義はF96xxであるため、OPR-IIIとの非互換点がありますので事前に注意が必要です。
以下に、OPRとFMLBP114モード、F6671モードの相違点を示します。

OPR・FMLBP114モード・F6671モード比較表

OPR・FMLBP114モード・F6671モード比較を表で説明します。

図を拡大表示


4. 端末設定について

従来のFMLBP114モード、またはF6671モードのどちらか一方の機能を選択して使用することができます。各端末機能を使用する場合は事前に、その端末に合わせたホスト側の端末定義をFMLBP114または、F6671及びF6677にする必要があります。
ASP(オフコン)利用時、F6671モードには対応していません。またFMLBP114モード利用時の端末定義は以下を指定してください。
・CMサーバ/TCP以外: FMLBP66
・CMサーバ/TCP : FMLB66CM


5. フォームオーバレイについて

(1)フォームオーバレイデータはSIA形式のみをサポートしています。

(2)使用する端末オーバレイの格納場所については以下のとおりです。
WSMGRデータディレクトリ、WSMGRインストールディレクトリ、または、環境変数PATHで指定されているディレクトリに格納してください。

(3)使用可能なオーバレイファイルタイプとオーバレイ印刷方法の関係は以下のとおりです。
・FMLBP114モード
a.端末オーバレイ:KOL2/5
・F6671 モード
a.端末オーバレイ:KOL1, KOL2/5
b.ダウンロードオーバレイ:KOL1

(4)印刷装置や端末タイプによっては帳票形式が異なるため、OPR等からの移行、またはFMLBP114モードからF6671モードへの移行の際に、従来からのオーバレイ資産では印刷時の帳票とオーバレイの位置にズレが生じる場合があります。運用環境での帳票に合うようにオーバレイデータの見直しを行ってください。


6. 印刷サポート

GDI印刷のみサポートします。


7. OCR-Bフォントの印刷について

倍率100%での印刷時のみOCR-Bフォントの印刷が可能です。
注: F6671モードで動作時にホストから文字配列テーブルの指定があった場合は、プロファイルの設定に関わらず指定されたフォントでANK文字を印刷しますので注意が必要です。


8. バーコード印刷について

(1) サポートするオーダ・バーコード種別は以下の通りです。
- 範囲指定なしオーダ:
NW-7, JAN 標準, JAN 短縮, CODE 3 of 9, Industrial 2 of 5, Interleaved 2 of 5, カスタマーバーコード
- 範囲指定ありオーダ:
NW-7, JAN 標準, JAN 短縮, CODE 3 of 9, Industrial 2 of 5, Interleaved 2 of 5, 物流用標準, 物流用拡張, カスタマーバーコード, EAN-128(APS 経由のみサポート。コンビニエンスストア向けEAN-128バーコード印刷機能対応を含む)

(2) 範囲指定ありの場合に、指定範囲内に印刷するバーコードの大きさはバーコード印刷をサポートする装置(OPR/K プリンタ)により違います。このため、OPR/K プリンタに比べてバーコードの大きさが若干違うことがあります。特に、指定された範囲が大きすぎる場合(帳票設計の誤り時)に、OPR/K プリンタではハード的制約のため一定の大きさ以上にバーコードは大きくなりませんが、PRNEMUでは無限に大きくなります。指定された範囲が小さい場合も同様です。
また、カスタマーバーコードはLBP サポート機能でのみサポートしています。6685モードではサポートしていません。

なお、ASP(オフコン)ではF6685定義でバーコード印刷機能をサポートしないため、ASPからの印刷はできません。また、カスタマーバーコードはLBP サポート機能でのみサポートしています。6685モードではサポートしていません。

(3) EAN-128バーコード印刷はLBPサポート機能でのみサポートしています。
コンビニエンスストア向けEAN-128バーコード印刷では、300dpi以上の解像度での印刷をサポートします。
プリンタハードの性能およびバーコード読み取り機の精度に依存するため運用前に実際の運用機器構成での動作確認を実施してください。


9. ローカルコピー機能について

イメージデータは印刷されません。また、サポートされる罫線はSA罫線のみです。


10. ローカル文書印刷について

ローカル文書印刷は対応していません。


11. 拡張A/Nモード時について

拡張A/Nモード時のホストからの文字パターンのダウンロード機能(Load GCM)は行えません。使用可能な文字パターンは端末内蔵の文字セットにある文字のみです。


12. ダウンロードオーバレイについて

ホストからのダウンロード機能が可能です。ゲートウェイからのダウンロードは行えません。


13. ラベル文字印刷について

ラベル文字印刷は対応していません。


14. プリンタジャム発生時等のリカバリ機能について

プリンタジャム発生時等のリカバリ機能には対応していません。


15. 両面印刷機能使用時のプリンタの制限について

F6671モードの両面印刷機能を利用する場合に使用可能なPC側プリンタは、以下の条件を全て満たしている必要があります。不明な場合は、各プリンタ製造元にお問い合わせください。

(1)プリンタハードが両面印刷機能を有している。

(2)プリンタドライバがWindowsアプリケーション主導の両面印刷をサポートしている。


16. F6671端末とF6677端末について

F6671端末はF6677端末の上位互換であり、F6677端末の機能を包含しています。


17. 印刷時の注意

PC側で使用するプリンタによっては機種毎に打ち出し位置や解像度が異なりますので、OPR等からの移行による帳票イメージの完全互換は不可能です。OPR等からのリプレースで印刷速度を期待される場合、イメージや印刷機能等の完全互換を期待される場合は、当社VSPを推奨します。


18. F6671モードでサポート可能なゲートウェイについて

F6671モードでサポート可能なゲートウェイは以下のとおりです。
・FNA Server V6.0 以降


19. 前版との違いについて

[V7.2との比較]
・本製品はWSMGR専用になりました。WSMGR for WebでLBP機能を利用する場合は「WSMGR for Web LBPサポート V8」を使用してください。
・V8.0.0より、以下のOSはサポート対象外となります。
- Windows Vista
- Windows 8
- Windows Server 2008

関連URL

お客様向けURL