このページの本文へ移動

2018年 12月 現在

FUJITSU Software
PRIMECLUSTER GDS 4.3A40

PRIMECLUSTER GDSは、システムやデータが格納されているディスク装置をミラーリングし、ディスク故障などの不測の事態からお客様の資産を守るボリューム管理ソフトウェアです。大容量ボリュームが作成可能なコンカチネーション、ディスクへのアクセス負荷を分散するストライピング、誤操作によるデータ破壊を防止するアクセス制御をサポートします。Oracle Solaris の仮想化環境やZFS環境にも対応しています。

購入について

適応機種 概要

  • サーバ
    SPARC Servers / SPARC Enterprise Mシリーズ / SPARC Enterprise Tシリーズ

適応OS 概要

  • サーバ
    Solaris 11(64bit) / Solaris 10(64bit)

機能説明

1. セールスポイント

●GUIによる操作性の向上
GUIによるわかりやすく、簡単な操作により、人為的ミスを防止します。利用者はボリューム構成をまったく意識することなく運用することが可能です。

●不当アクセスからのデータ保護
アクセス制御機能により、不当なアクセスや誤操作によるデータ破壊を防止し、安全なシステム運用を実現します。

●障害の早期検知
ディスク障害の早期検知により、I/Oエラーによるシステムスローダウンを防止します。

●ディスク装置の統合的管理
PRIMECLUSTER Clustering Base と組み合わせることで、複数のサーバと複数のディスクが互いに接続されているSAN(Storage Area Network)環境においても、ディスク装置の統合的で簡易な管理が可能です。

●業務無停止でのバックアップ
GDS Snapshotとの組み合わせにより、運用中にシステムのバックアップやパッチの事前適用等を行うことができます。

●IPv6対応
IPv6環境で動作可能です。

●Oracle Solarisの標準機能への対応
ZFSブート環境やOracle Solaris の仮想化環境(Oracle Solaris ゾーン/Oracle VM Server for SPARC 環境)においてディスクデータの可用性を向上します。

*:Oracle SolarisはSolaris, Solarisオペレーティングシステム, Solaris Operating System, Solaris OSと記載することがあります。
また、PRIMECLUSTER GDSを「GDS」と省略して記載している箇所があります。


2. 可用性の向上(ソフトウェアRAID機構)

●あらゆるディスク装置のミラーリング
各種ディスク装置をミラーリングできるため、Oracle Solaris がインストールされているシステムディスク(本体内蔵ディスクおよびETERNUS ディスクアレイを使用した SAN Bootディスク)のミラーから、大規模なディスクアレイ筐体間ミラーまで、幅広い環境におけるすべてのディスク装置をGDSで一元管理したシステムが構築できます。複数のディスクアレイ装置間でミラーリングすると、一方の筐体へのパスや筐体自体が故障した場合でも運用を継続できます。また、筐体を交互に停止して活性保守ができます。
また、SAN Boot環境のシステムディスクを、ディスクアレイ装置間でミラーリングすることにより、システムの信頼性を向上させることができます。
ZFS ブート環境でのシステムディスクのミラーリングも可能です。GDSでミラーリングするGDSミラー方式とZFSのミラーリング機能を使用するZFSミラー方式があります。

●障害検知の高速化(I/O タイムアウト機能)
I/Oタイムアウト機能により、ディスク装置やディスク I/O 経路のハードウェア異常を早期に検知することができます。そのため、ミラーリングしたシステムディスクで異常が発生した場合でも、 早期に正常なディスク装置に切り替えてアクセスを継続できるため、I/Oエラーによるシステムスローダウンを防止できます。
本機能は、ZFSブート環境においても使用可能です。

●ホットスペア
ミラーリングしているディスクの他にスペアディスク(予備のディスク)を用意しておくことによって、ディスクが故障した際に、スペアディスクを使用して自動的にミラーリング状態を回復し、データを保護し続けることができます。

●ホットスワップ
ミラーリングされているディスクが故障した際、アプリケーションを停止することなく、故障した部品を交換できます。管理者は、ディスク構成を意識しなくても、GUI画面上に表示された故障ディスクを選択するだけで、交換前の準備や交換後の復旧(データのコピー)ができます。

●システムダウンからの高速リカバリー
パニックなどによってシステムが突然ダウンした場合、リブート後に短時間でミラーリング状態を回復できます。ミラーリング状態が損なわれている部分のみのコピーによりミラーリングされていない時間を最小にし、業務アプリケーションへの負荷を必要最小限にできます。

●論理パーティション分割
Oracle Solaris では、ディスクは最大でも7個のボリュームにしか分割できません。GDSを使用することによって、ディスクを最大1024個の論理的なボリューム(以下、論理ボリューム)に分割できます。

●コンカチネーション
複数のディスク(最大64ディスク)を連結して1つの論理的な大容量ディスクとして使用できます。コンカチネーション機能を使用すると、1テラバイトを超えるボリュームを作成できます。

●ストライピング
複数のディスク(最大64ディスク)を1つの論理的なディスクとして扱い、I/Oを複数のディスクに振り分けることによって、I/O負荷を分散することができます。ストライピング機能を使用すると、1テラバイトを超えるボリュームを作成できます。

●コンカチネーション/ストライピングとミラーリングとの併用
コンカチネーションまたはストライピング機能を使用した場合、多数のディスクを使う分、データの可用性は低くなりますが、GDSでミラーリングすることにより、ディスクの大容量化やI/O負荷分散と同時に、データの可用性を向上させることができます。

ディスク装置のミラーリング

ディスク装置のミラーリング

ZFS ブート環境でのシステムディスクのミラーリング

ZFS ブート環境でのシステムディスクのミラーリング

障害検知

障害検知

ホットスペア

ホットスペア

コンカチネーション/ストライピング

コンカチネーション/ストライピング

3. ボリューム管理機構

●運用管理インターフェース
ディスクをGDSの管理下へ登録すると、以降ディスクに対するすべての操作(構成設定、状態監視、構成管理、バックアップ、保守など)をGDSの運用管理インターフェースで一元的に行うことができます。GDSの運用管理インターフェースには、直感的な操作が可能なグラフィカルユーザインターフェース(GUI)とバッチ処理や他のアプリケーションとの連携に利用可能なコマンドラインインターフェース(CLI)があります。 GUIはWebブラウザで設定、管理することができます。

●すべてのディスク装置を一括管理
GDSで管理するディスクをミラーリングするかどうかは、必要に応じて選択できます。ミラーリングしなくても可用性が得られる高信頼なディスクアレイ装置を含めて、あらゆるディスク装置を統合的に管理することができます。

●自由なデバイス名
ディスクや論理ボリュームには、管理者が自由に名前を付けることができます。ハードウェア構成を連想させる名前やデータの内容を表す名前など、覚えやすい名前を設定することにより、多数のディスクが接続された環境でのシステム管理コストを軽減できます。

●オンラインボリューム拡張機能
拡張したいボリュームの後ろに空き領域がある場合、アプリケーションの動作中にボリュームのデータを保持したまま、ディスク領域を追加してボリュームの容量を増やすことができます。
ボリューム作成を行う前に、ディスクをコンカチネーション可能なミラー構成(*)にしておくことにより、拡張したいボリュームの後ろに空き領域がない場合でも、未使用のディスクを追加しボリュームを拡張することができます。
*:詳細は、PRIMECLUSTER GDSのマニュアル(「PRIMECLUSTER Global Disk Services 説明書」-「第1章 機能」-「オンラインボリューム拡張」)を参照してください。
また、PRIMECLUSTER GDS Snapshotを導入している場合は、十分な空き領域がない場合でも、オンラインディスク移行の機能を使用して、ボリュームを十分な空き領域があるディスクに移行し、ボリュームを拡張することができます。

●ボリューム構成情報のバックアップ/リストア
ディスク故障などにより、ボリュームの管理情報が破壊された場合に、あらかじめバックアップした構成情報を使ってリストアすることで、以前と同じボリューム構成を復元できます。
また、バックアップした構成情報をもとに、他のシステムに同じボリューム構成を作成することができます。

ボリューム管理

ボリューム管理機構

4. ディスク保守

●ディスク異常の早期検出
ディスク異常が発生すると、メッセージを出力するとともにGUIの警告ランプが自動的に点滅して、即座に異常を通知します。異常オブジェクト表示のメニューを選択すると、異常なディスクを一目で特定できます。

●ディスク保守の簡易化
サーバに添付されているESFまたはSCSのマシン管理機能との連携により、ディスク故障の予兆管理、ディスクを含むハードウェア全体の構成管理/異常監視、故障原因を特定するためのログ監視、ディスク活性交換手順のガイダンスを行います。サーバの内蔵ディスクまたは増設ファイルユニットをミラーリングしている場合、ディスク故障時には自動的にディスクが交換可能な状態となり、交換するディスクの位置がLEDの点灯によって表示されるので、安全かつ確実にディスクを交換できます。

●ディスク異常の対処方法のガイダンス
ディスクやボリュームの異常が発生した場合、異常が発生したディスクやボリュームはGDSのGUI画面に赤いアイコンで表示されるため、異常箇所が一目で分かります。また、異常が発生したディスクやボリュームのアイコンをGDSのGUI画面で選択するだけで、その異常の種類に応じた復旧方法が確認できます。


5. Oracle Solaris の仮想化環境における可用性の向上

●Oracle Solarisゾーン環境でのディスクミラーリング
グローバルゾーンおよびノングローバルゾーンで使用するディスクをグローバルゾーン上のGDSでミラーリングすることにより、Oracle Solaris ゾーン環境における可用性を向上できます。 GDSはグローバルゾーンにのみ適用します。
カーネルゾーンで使用するディスクをカーネルゾーンまたはグローバルゾーン上のGDSでミラーリングすることにより可用性を向上できます。

●Oracle VM Server for SPARC 環境でのディスクミラーリング
制御ドメインまたはゲストドメイン上のGDSでディスクをミラーリングすることにより、Oracle VM Server for SPARC 環境での可用性を向上できます。
以下の構成をサポートします。
・制御ドメインまたは I/O ルートドメインで使用するディスクをそのドメインで動作する GDSでミラーリング
・ゲストドメインで使用するディスクを制御ドメイン、I/O ルートドメイン、またはゲストドメインで動作する GDSでミラーリング

Oracle VM Server for SPARC 環境でのディスクミラーリング

Oracle VM Server for SPARC 環境でのディスクミラーリング

6. クローニング機能

すでに構築されているシステムをクローニングして、新しいシステムを構築することができます。


7. クラスタ環境下で使用可能なボリューム管理機能

●クラスタ共用ディスクのミラーリング
クラスタシステムの複数のノード(クラスタシステムを構成する各サーバ)から共用されているディスク装置をミラーリングすることで、より可用性の高いクラスタシステムを構築することができます。また、クラスタ共用ディスクのコンカチネーションやストライピングも可能です。

●自動構成
クラスタを構成する各ノードと共用ディスク装置との物理的な接続構成を自動的に認識します。本機能によって、導入、設定の作業が簡易化されます。各ノード起動時には、ディスクの電源投入忘れや、ケーブル結線誤りなどを自動的に検出し、ディスクのデータ破壊を未然に防ぎます。

●シングルシステムイメージ環境
GDSは、複数のノードから構成されるクラスタシステムが、利用者やアプリケーションにとって、あたかも1つのシステムであるかのように見えるシングルシステムイメージ環境を提供します。すべてのノードから同じ名前でディスクへのアクセスや操作ができます。

●アクセス制御
ディスクに対し、アクセスや操作が可能なノードを定義することで、業務に無関係なノードからの不当なアクセスや誤操作からディスクデータを保護できます。 また、論理ボリュームに対しては、ノードごとに読書き用または読取り専用のアクセスモードを設定することにより、誤った書込みを防止します。

●共用ディスク異常の検出
共用ディスク装置やディスクアクセスパスの故障を検出し、クラスタ制御にディスクの異常を通知します。本機能とクラスタ制御との組み合わせにより、安全/確実なフェイルオーバによる高可用なHA(切替え)型クラスタを実現します。

アクセス制御

アクセス制御

システム/機能構成図

システム構成図
システム構成図

新規機能

4.3A20から4.3A40の機能強化項目は以下のとおりです。

・Solaris11.2 カーネルゾーン対応
・クローニング機能のサポート

標準添付品

  • オンラインマニュアル

    ・PRIMECLUSTER GDS 4.3A40 インストールガイド
    ・PRIMECLUSTER Global Disk Services 説明書
    ・PRIMECLUSTER Web-Based Admin View 操作手引書
    ・RIMECLUSTER DR/PCI Hot Plugユーザーズガイド

商品体系

PRIMECLUSTER メディアパック 4.3A40

PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス Kクラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス L1クラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス L2クラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス M1クラス (M10-4用) 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス M1クラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス M2クラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス M3クラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス Nクラス(16コアまで) 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス Nクラス(32コアまで) 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス Nクラス(64コアまで) 4.3
PRIMECLUSTER GDS サーバライセンス Rクラス 4.3
PRIMECLUSTER GDS 仮想サーバライセンス(Oracle VM Server for SPARC) 4.3

購入方法

1. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(DVD等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途ライセンスを購入する必要があります。
また、製品の導入にあたり、システムに最低1本のメディアパックが必要です。 バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアのみを手配することはできません。
・PRIMECLUSTER メディアパック
SPARC Servers、SPARC Enterpriseで利用することができます。
注:PRIMECLUSTER メディアパック for SPARC Enterprise は使用できません。


2. サーバライセンスについて

サーバライセンスは、Oracle Solaris 環境での運用、パーティション運用の有無に関わらず、本製品をインストールするサーバ機種に適用する機種クラス(*1)を台数分、購入してください。
本商品は、サーバ転用できません(*2)。このため、ハードウェアリプレースした場合は、本商品を新規に購入してください。
*1:M1クラス(M10-4用)は、SPARC M10-4(M1クラス)でのみ使用できます。
*2:PRIMECLUSTER 製品はハードウェア毎に特殊な制御を行っているため、当該製品使用許諾は製品インストール機種にのみ有効です。

Oracle Solaris ゾーン環境で PRIMECLUSTER GDSを使用する場合、必ず、サーバライセンスの購入が必要です。


3. 仮想サーバライセンスについて

Oracle VM Server for SPARC環境用のライセンスです。
仮想サーバライセンスは、SPARC M10上の本製品をインストールする仮想マシン(ゲストドメインまたはI/Oルートドメイン)の数分購入する必要があります。本商品は、SPARC M10上の仮想マシンで転用可能です。


4. バージョンアップ/レベルアップについて

以下の商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」の サービスの一環として、新バージョンを提供いたします。 (お客様からのご要求が必要です。)
「SupportDesk」を導入されていない場合や新サーバへ移行する場合は、 新バージョン商品を改めてご購入頂く必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。
・PRIMECLUSTER GDS 4.1/4.2(※)
※バージョンアップ可能な製品、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SEにお問合せください。

関連ソフト

1. クラスタ環境下で共用ディスク装置に適用する場合

クラスタ環境下で共用ディスク装置に適用する場合に必要です。
PRIMECLUSTER Clustering Base


2. GDSボリュームの高速バックアップや高速リストアを行う場合

GDSボリュームの高速バックアップや高速リストアを行う場合に必要です。
PRIMECLUSTER GDS Snapshot

動作保証周辺機器

なし

留意事項

1. 購入時における留意事項

・同一システム上で「Safeシリーズ」と「PRIMECLUSTER」の混在はできません。

・以下のPRIMECLUSTER製品は同一クラスタ内では同一版数を使用してください。
PRIMECLUSTER Enterprise Edition
PRIMECLUSTER HA Server
PRIMECLUSTER Clustering Base
PRIMECLUSTER Lite Pack
PRIMECLUSTER GDS
PRIMECLUSTER GLS
PRIMECLUSTER GDS Snapshot

・クラスタ環境でボリューム管理機能を使用する場合は、別途PRIMECLUSTER Clustering Baseが必要です。

・「Safeシリーズ」からのアップグレードについて
アップグレード対象商品からのアップグレードについて、アップグレード用の商品を適用することが可能となります。また、サポート契約の有無によりアップグレード価格が異なりますので、ご留意ください。


2. サポートハードウェアに関する留意事項

●NVMe SSDのデバイスは、PRIMECLUSTER GDS に登録できません。
●SPARC S7/T7/M7 では、I/Oタイムアウト機能(ディスクI/Oの応答遅延を抑止する機能)は使用できません。


3. Verified Boot機能について

本商品はSolaris 11.2以降のVerified Boot機能に対応していません。
Verified Boot機能を有効にする場合、Verified Bootポリシーで検証対象のモジュールにUNIXおよびgenunixのみを設定してください。


4. Oracle Solaris カーネルゾーンに関する留意事項

Oracle Solarisカーネルゾーン上でローカルクラスを使用する場合は、弊社営業/SEにお問い合わせください。


5. ミラーボリュームのバックアップに関する留意事項

ETERNUSディスクアレイのアドバンスト・コピー機能を使用してミラーボリュームをバックアップする場合、バックアップ先はミラーリング構成にはできません。バックアップ先は、シングル構成にしてください。


6. クローニング機能に関する留意事項

PRIMECLUSTER GDSを使用しているシステムをクローニングする場合は、弊社営業/SEにお問い合わせください。


7. NAS製品に関する留意事項

・GDS機能(筐体間ミラーリング、ボリューム管理、ディスク異常の早期検出など)は、サーバ本体の内蔵ディスク装置や、ETERNUS DXシリーズなどのディスクアレイ装置で使用できます。
・ETERNUS NR1000Fシリーズのようにファイルサーバに見えるNAS装置や、ETERNUS TRシリーズのようにNFSプロトコルのみをサポートしているストレージ装置は、GDSではサポート対象外としています。これらのストレージ内のボリューム管理は、ストレージ装置自身が行います。


8. 運用時の留意事項

●クラスタコンソールについて
Web-Based Admin View上で提供される各運用管理製品の表示するパーソナルコンピュータ(Windowsマシン)が必要です。 詳細は、「PRIMECLUSTER Web-Based Admin View操作手引書」を参照してください。

●「PRIMECLUSTER Global Disk Services 説明書」の「付録A 留意事項」に、GDS を使用する際に必要な規約、注意事項および設定上の指針について説明しています。事前に、必ず一読ください。

関連URL

お客様向けURL