このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. ソフトウェアの諸条件 >
  6. ソフトウェアガイド >
  7. Solaris ソフトウェアガイド >
  8. Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9.5.0

2016年 10月 現在

FUJITSU Software
Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9.5.0

本製品は、Webブラウザ環境でのJEFコードまたは各社ベンダ文字コードでの運用と、文字表示/入力を可能とする製品です。
本製品はInterstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agentのオプション製品です。
Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agentに次の機能を追加します。
・JEF コードおよび各社ベンダ文字コードの運用(文字表示コード、アプリへの送信コード)
・JEF 固有文字および各社ベンダ固有文字の表示/入力機能

購入について

留意すべきこと

適応機種 概要

  • サーバ
    SPARC Servers / SPARC Enterprise Mシリーズ / SPARC Enterprise Tシリーズ / マルチベンダーサーバ・クライアント

適応OS 概要

  • サーバ
    Solaris 11(64bit) / Solaris 10(64bit) / Solaris 9(64bit) / Solaris 9(32bit)

機能説明

1. JEF コードおよび各社ベンダ文字コードの運用

Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent に文字表示指定を行う場合、JEF コードまたは各社ベンダ文字コードで指定できます。
本商品では、下記文字コードの運用が可能です。
・JEF コード
・Unicode-JEF コード
・KEISコード(日立)
・JIPSコード(NEC)
・DBCS-Host コード(IBM)

Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agentの文字入力フィールドに入力された文字をSubmitボタンでアプリケーションに送信する場合に、JEF コードまたは、各社ベンダ文字コードの形で送信することができます。


2. JEF 固有文字および各社ベンダ固有文字の表示/入力

Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agentの文字表示/入力フィールドで、JEF 固有文字および各社ベンダ固有文字を利用することができます。


3. 外字申請運用モデル

外字申請運用モデルとは、窓口業務などで外字が必要となった場合に、外字を探して使えるようになるまでの外字運用のワークフロー(文字検索→日本語資源管理に登録→配付→適用)について作業手順を定めたものです。
外字申請運用モデルの詳細については、以下のホームページを参照してください。
http://interstage.fujitsu.com/jp/output/charsetmgr/

外字申請運用モデルにおいて、次の機能を提供します。

・Webブラウザ上での登録文字の表示
外字として登録する文字をWebブラウザ上で表示できますので、窓口にてその場で文字情報を印刷して、内容を顧客確認することが可能です。

・Webブラウザ上での手書き文字検索
Webブラウザ上で、文字の一部または全部を手書き入力することで、8万字を超える漢字(Interstage Charset Manager 外字データライブラリオプションに収録されている漢字データと同等)の中から該当する文字を検索することができます。

システム/機能構成図

システム構成図

新規機能

V9.3.1からV9.5.0の機能強化項目は以下のとおりです。

Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9.5.0対応

Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9.5.0 に対応しました。

標準添付品

  • オンラインマニュアル

    ・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9 ユーザーズガイド

商品体系

【メディアパック】
・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション メディアパック V9

【ライセンス】
・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション プロセッサライセンス (1年間24時間サポート付) V9

本商品のライセンス製品には、初年度の「SupportDesk Standard」がバンドルされています。

購入方法

1. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(CD-ROM等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途、ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1本のメディアパックが必要です。
バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


2. プロセッサライセンスについて

プロセッサライセンスは、本商品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下のとおりに必要となるライセンスです。
・シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサ(CODモデルの場合はCPU RTUライセンスを持つ1稼働CPU)あたり1本の購入が必要です。
・マルチコアプロセッサの場合は、コアの総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
-SPARC M10では、CPUコアアクティベーションキーにより有効化されたコアの総数に特定の係数を乗じます。
-SPARC Enterprise/PRIMEPOWERのCODモデルでは、CPU RTUライセンスを持つ稼働CPU上のコアの総数に特定の係数を乗じます。

マルチコアプロセッサにおける係数については、「関連URL」に記載の「FUJITSU Software(ライセンス)」内、「富士通製ミドルウェア商品のライセンス体系について」を参照ください。


3. ダウングレード使用について

本商品のライセンスを購入することにより、本商品の旧バージョンを使用する権利を得ることができます(以降、「ダウングレード使用」と呼びます)。「ダウングレード使用」を適用する際には、旧バージョン商品のインストール媒体をお客様が既に購入されていることが前提となります。購入が必要なライセンス数については、本商品のライセンス購入方法に従ってカウントします。 なお、ダウングレード使用権を用いて、1つのライセンスで本バージョン商品と旧バージョン商品を同時に使用することはできません。また、本商品の次バージョン以降を使用する権利はありません。
「ダウングレード使用」可能な旧バージョン商品は、以下の通りです。

・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V8
・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V7.0
・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V6.0


4. 7.0以降からのバージョンアップについて

7.0以降の本商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」のサービスの一環として、最新バージョン/レベルを提供いたします。(お客様からのご要求が必要です。)
「SupportDesk」を導入されていない場合は、新バージョン/レベル商品を改めてご購入頂く必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。
なお、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SE にお問合せください。


5. V6.0以前からのバージョンアップについて

V6.0以前の本商品をお持ちの場合は、弊社営業/SE にお問い合わせください。


6. 購入条件について

・WebアプリケーションでJEF/Unicode-JEF/KEIS/JIPS/DBCS-Hostコード運用を行う場合に、Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9を購入してください。

・WebアプリケーションでMicrosoftシフトJISおよびUnicode(日本語)運用のみを行う場合は、本製品を購入する必要はありません。

関連ソフト

必須ソフトウェア

・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9.5.0

(資源管理サーバ側に必須)
・Windows版 Interstage Charset Manager Standard Edition V9

留意事項

使用できる文字種について

・EBCDIC等で表現される1バイト系文字は使用できません。
・本製品は各社コードブック等を元に作成しています。このため、ホスト・プリンタなどが製造された年代および機種によっては、字形が異なる場合があります。

関連URL

お客様向けURL