このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ライブラリー >
  5. ソフトウェアの諸条件 >
  6. ソフトウェアガイド >
  7. Solaris ソフトウェアガイド >
  8. Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9.5.0

2016年 10月 現在

FUJITSU Software
Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9.5.0

本製品は、Webブラウザ環境での外字およびベンダ文字表示/入力を可能とする、日本語処理基盤製品です。
完全にWeb ベースのシステムのため、従来のようにベンダフォントや外字ファイル、専用のアプリケーション等をクライアントに配付する必要がありません。

購入について

適応機種 概要

  • サーバ
    SPARC Servers / SPARC Enterprise Mシリーズ / SPARC Enterprise Tシリーズ / マルチベンダーサーバ・クライアント

適応OS 概要

  • サーバ
    Solaris 11(64bit) / Solaris 10(64bit) / Solaris 9(64bit) / Solaris 9(32bit)

機能説明

1. Web入力表示機能

(1)Web 日本語入力・表示部品ライブラリ
〔概要〕
Web ブラウザ上でIME ライクな文字入力環境を提供します。入力の際、単語変換処理等はサーバ側にて処理され、クライアント側の資源はフォントも含め、一切使用されません。表示機能も同様にサーバ側の資源のみが用いられます。
クライアントに必要なのはWeb ブラウザのみで、クライアント側の事前セットアップ無しに導入直後から、ブラウザ上で外字を含んだ文字を入力することが可能になります。
〔利用方法〕
JSP, HTML等で構成されたWebベースの業務アプリケーションにおいて、HTML標準部品(input タグ、TextAreaタグ等)の代わりに簡単な記述を行う事で、外字が入力できるフィールドをページに埋め込むことができます。
表示の場合も、同様にページ中に簡単な記述をおこなうことで、任意のコード系の文字列表示イメージを動的に生成することができます。

(2)Web 漢字検索ツール(よみ・画数・部首・手書き部品検索(注)・異体字)
(1) の機能から使用される、漢字検索ツールです。運用中のコード系のすべての文字からさまざまな手段で漢字の絞り込みを行うことができます。これも同様にサーバ側にすべての必要なデータを保持しており、クライアント側には何もインストールされません。
注:「手書き部品検索」とは、文字の一部分を手書き入力することにより、入力したい文字を検索できる機能です。


2. Ajax版Web入力表示機能

Ajax技術を利用した入力表示機能を提供します。本機能を利用することにより、従来のWeb入力表示機能と比較し、次のことが可能になります。
・必要な文字のみをサーバから取得することにより、サーバおよびネットワーク負荷を軽減
・複数行の入力、範囲選択、コピー&ペーストなどの編集操作
・特定文字の入力抑止
・MS-IMEなど、一般的な日本語IMEとの併用


3. Webサービス機能

クライアントプログラムから辞書検索APIを利用するためのWebサービスインタフェースを提供します。Webページ(HTML文書)に限らず、.NETクライアント等から各種辞書の検索を行うことができます。


4. 運用文字コード

本商品では、下記文字コードの運用が可能です。
・Microsoft 日本語シフトJISコードセット
・Microsoft 日本語Unicodeセット(JIS90ベース)
・Microsoft 日本語Unicodeセット(JIS2004ベース)

Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9を利用することにより、下記文字コードで運用することもできます。
・JEFコード
・Unicode-JEFコード
・KEISコード(日立)
・JIPSコード(NEC)
・DBCS-Hostコード(IBM)

注:Ajax版Web入力表示機能では、運用文字コードとして、Microsoft 日本語Unicodeセットのみ使用可能です。


5. アプリ連携機能

(1)Interstage Application Serverのフレームワーク機能との連携
Interstage Application Serverのフレームワーク機能の拡張タグ(UIタグ)で、本商品のWeb日本語入力・表示部品を組み込みことができます。

(2)Interstage Business Application ServerのFormcoordinator機能との連携
Formcoordinatorと連携することにより、電子フォームにおける外字の入力、およびクライアント側での印刷が可能となります。
また、Formcoordinator デザイナを利用することにより、本商品のWeb日本語入力・表示部品をGUIで簡単に電子フォームにレイアウトすることができます。

システム/機能構成図

システム構成図

新規機能

V9.3.1からV9.5.0の機能強化項目は以下のとおりです。

1. Interstage Charset Manager Standard Edition V9.5.0に対応

Interstage Charset Manager Standard Edition V9.5.0に対応しました。


2. Internet Explorer 11.0対応

Webクライアントの対象ブラウザとしてInternet Explorer 11.0をサポートしました。

標準添付品

  • オンラインマニュアル

    ・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9 導入ガイド
    ・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9 運用ガイド
    ・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent V9 コマンドリファレンス

商品体系

【メディアパック】
・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent メディアパック V9 (9.3~)

【ライセンス】
・Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent プロセッサライセンス (1年間24時間サポート付) V9 (9.3~)

本商品のライセンス製品には、初年度の「SupportDesk Standard」がバンドルされています。

購入方法

1. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(CD-ROM等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途、ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1本のメディアパックが必要です。
バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


2. プロセッサライセンスについて

プロセッサライセンスは、本商品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下のとおりに必要となるライセンスです。
・シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサ(CODモデルの場合はCPU RTUライセンスを持つ1稼働CPU)あたり1本の購入が必要です。
・マルチコアプロセッサの場合は、コアの総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
-SPARC M10では、CPUコアアクティベーションキーにより有効化されたコアの総数に特定の係数を乗じます。
-SPARC Enterprise/PRIMEPOWERのCODモデルでは、CPU RTUライセンスを持つ稼働CPU上のコアの総数に特定の係数を乗じます。

マルチコアプロセッサにおける係数については、「関連URL」に記載の「FUJITSU Software(ライセンス)」内、「富士通製ミドルウェア商品のライセンス体系について」を参照ください。


3. オプション商品の購入条件

WebアプリケーションでJEF/Unicode-JEF/KEIS/JIPS/DBCS-Hostコード運用を行う場合は、Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9を購入してください。


4. ダウングレード使用について

ダウングレードによる旧バージョンのライセンス購入はできません


5. 7.0以降からのバージョンアップについて

7.0以降の本商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」のサービスの一環として、最新バージョン/レベルを提供いたします。(お客様からのご要求が必要です。)
「SupportDesk」を導入されていない場合は、新バージョン/レベル商品を改めてご購入頂く必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。
なお、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SE にお問合せください。


6. V6.0以前からのバージョンアップについて

V6.0以前の本商品をお持ちの場合は、弊社営業/SE にお問い合わせください。

関連ソフト

1. 本商品を利用するにあたり必須となる商品

・Windows版 Interstage Charset Manager Standard Edition V9


2. Web サーバおよびサーブレットコンテナについて

・Interstage Application Server V10.0以降
・Interstage Business Application Server V10.0以降
・Tomcat 5.5

Web サーバおよびサーブレットコンテナとして、Interstage Application Server を使用する場合、サーブレットコンテナは J2EE Servletサービス(Tomcat 5.5ベース)のみ使用可能です。

なお、本商品のサポートにあたっては、Webサーバおよびサーブレットコンテナが正しく動作していることを条件といたします。Webサーバおよびサーブレットコンテナの動作に関しましては、本商品のサポート範囲外になります。


3. JEF文字、ベンダ文字入力を利用する場合

・Interstage Charset Manager Web入力 マルチ文字コードオプション V9.5.0


4. Interstage Business Application ServerのFormcoordinator機能で外字入力を行う場合

・Interstage Business Application Server Standard Edition V10.0以降
・Interstage Business Application Server Enterprise Edition V10.0以降

動作保証周辺機器

Webクライアント側でサポートするキーボード

Webクライアント側でサポートするキーボードは「日本語キーボード」のみです。

留意事項

1. 使用条件

本商品は、アプリケーションサービスプロバイダー、アウトソーシングサービスでの利用はできません。


2. Java実行環境について

Java実行環境は、以下のとおりです。

以下の製品をJava EE環境で使用する場合、J2SE 5.0を使用します。
1)Interstage Application Server Enterprise Edition V10.0.0以降
2)Interstage Application Server Standard-J Edition V10.0.0以降
3)Interstage Business Application Server Standard Edition V10.0.0以降

以下の製品をJ2EE環境で使用する場合、Java SE 6を使用します。
1)Interstage Application Server Enterprise Edition V10.0.0以降
2)Interstage Application Server Standard-J Edition V10.0.0以降
3)Interstage Business Application Server Standard Edition V10.0.0以降
4)Interstage Business Application Server Enterprise Edition V10.0.0以降

以下の製品を使用する場合、Java SE 6を使用します。
1)Tomcat 5.5


3. Webブラウザについて

Webクライアントのサポート対象ブラウザは、以下のとおりです。
・Internet Explorer 7.0/8.0/9.0(※1)(※2)/10.0(※1)(※3)/11.0(※1)(※4)

※1:64ビット版のInternet Explorer 9.0 / 10.0 / 11.0にも対応しています。
※2:ドキュメントモードが「Internet Explorer 9 標準」の場合には対応していません。
※3:Windows 7、および、Windows 8のデスクトップ上のInternet Explorer 10のみ対応しています。また、ドキュメントモードが「IE5Quirks」の場合のみ対応しています。
※4:Windows 7 / 8.1、および、Windows 10のデスクトップ上のInternet Explorer 11のみ対応しています。また、ドキュメントモードが「IE5Quirks」の場合のみ対応しています。


4. Ajax版Web入力表示機能で使用できるIMEについて

Ajax版Web入力表示機能では、以下のIMEを併用し使用することができます。これ以外のIMEを使用した場合、正しく入力できない場合があります。
・Windows Vista に標準搭載されたMicrosoft IME
・Windows 7 に標準搭載されたMicrosoft IME
・Windows 8またはWindows 8.1に標準搭載されたMicrosoft IME
・Windows 10 に標準搭載されたMicrosoft IME
・2007 Microsoft Office System に搭載されたMicrosoft IME
・Japanist 2003
・Interstage Charset Manager クライアント(入力機能付き) V9のIME


5. セキュリティに関する注意

インターネット上で秘匿性の高い情報を扱う場合は、接続にSSL を用いるとともに、Web サーバのログやクライアントのブラウザキャッシュに記録された本商品で入力・表示する文字コードおよび読みについての情報の取り扱いについては厳重にご注意ください。


6. Web入力表示機能で使用できる文字種について

・運用文字コードにシフトJIS(MS)を利用する場合、SBCS(半角英数および半角カタカナ)は使用できません。
・運用文字コードにUnicode(MS)を利用する場合、SBCSに該当する半角英数(基本ラテン)および半角カタカナは使用できますが、全角ピッチで表示されます。その他、一般的に半角で表現される文字についても、全角ピッチで表示されます。


7. 搭載書体について

本商品では、明朝体の書体のみ搭載しています。


8. Interstage Business Application ServerのFormcoordinator機能と連携して使用する場合の注意事項

運用文字コードには、Unicode(MS)またはUnicode-JEFを使用してください。なお、Unicode-JEFの運用文字コードを使用する場合は、別途マルチ文字コードオプションが必要です。


9. その他、注意事項および制限事項について

上記以外の注意事項および制限事項については、以下のマニュアルを参照してください。
「Interstage Charset Manager Standard Edition Web入力 Agent 導入ガイド」
2.3 動作に必要な環境
2.4 制限事項/注意事項

関連URL

お客様向けURL