このページの本文へ移動

2016年 10月 現在

FUJITSU Software
Interstage List Creator Standard Edition V10.0.0

本製品は、ビジネス分野で必須の罫線/網がけを使った本格的な帳票を簡単に設計し、ノンプログラミングで帳票を出力するためのソフトウェアです。
Interstage List Creator Standard Editionは、ローカル帳票出力環境、および、別コンピュータのInterstage List Creator Enterprise Edition/Standard EditionおよびWorkstation機能と連携した大量分散帳票出力環境の構築に適しています。
V10.0.0より、Workstation機能を同梱しています。

購入について

適応機種 概要

  • サーバ
    SPARC Servers / SPARC Enterprise Mシリーズ / SPARC Enterprise Tシリーズ / マルチベンダーサーバ・クライアント

  • Workstation機能
    FMV / マルチベンダーサーバ・クライアント

適応OS 概要

  • サーバ
    Solaris 11(64bit) / Solaris 10(64bit) / Solaris 9(64bit) / Solaris 9(32bit)

  • Workstation機能
    Windows 8.1(64-bit) / Windows 8.1 / Windows 8(64-bit) / Windows 8 / Windows 7(64-bit) / Windows 7 / Windows Vista

機能説明

1. セールスポイント

Interstage List Creator Standard Editionは、帳票の出力業務をトータルにサポートします。また、様々な帳票出力形態(プリンタ、電子帳票保存)をサポートします。

・ノンプログラミングで帳票出力を実現
帳票定義と入力データ(XML形式、テキスト形式、またはCSV形式)を指定するだけで、帳票レイアウトに自動的にフォーマットして、帳票を出力できます。
データベースよりデータを抽出して帳票を出力することができます。更に、Interstage List Manager Database Directと連携することで、ノンプログラミングで複雑な集計後の出力が可能になります。
帳票を出力するために、新たにアプリケーションを作成する必要はありません。
さらに、Interstage List WorksやInterstage Print Managerと連携することで、電子帳票保存や印刷後保存ができます。

・多様な帳票出力環境の提供
大量帳票出力や離れた場所にあるサーバへ帳票出力が行えます。また、別のサーバからの要求による帳票出力は、Interstage List Creator Connectorとの連携によりアプリケーションサーバの負荷を分散した帳票出力環境を構築できます。

・効率的な帳票保守
システム運用開始後の帳票レイアウト変更や、出力先プリンタの変更、電子帳票運用への切替えといった帳票業務の変更を、簡単、迅速かつ的確に対応することができます。

・ERP連携
GLOVIA,SAP R/3,Oracle E-Business SuiteなどのERP製品と連携することにより、ERP製品に対して簡単にWeb帳票ソリューションを付加できます。特に、Oracle社に対してはCAI認定を取得したことで、Oracle E-Business Suiteより出力されるデータを元に、表現力をアップした帳票印刷、電子化をシームレスに行う事ができます。

・多言語対応
Interstage List Creatorでは、各国の環境や言語に合わせた帳票(多国語帳票)を設計・出力できます。
Interstage List Creatorでは、多国語帳票として以下の言語をサポートしています。
-日本語
-英語
-中国語(簡体、繁体)
-韓国語
-タイ語
-ベトナム語
-ポルトガル語
-フランス語
-スペイン語
-ドイツ語
-ロシア語
-チェコ語
また、帳票様式定義情報で定義した項目属性を帳票出力時に置き換えて出力できる「項目属性の動的切替え機能」を使用すると、多国語帳票を効率的に設計・出力することができます。


2. 帳票フォーマッティング機能

帳票定義と入力データを指定するだけで、自動的に帳票レイアウトにフォーマッティングして帳票を出力します。帳票を出力するために、新たにアプリケーションを作成する必要はありません(ノンプログラミング)。入力データは、XML形式、テキスト形式またはCSV形式のため、入力データを生成するアプリケーションサーバの機種を問いません。

また、帳票設計時に設定した出力形式に従った印刷や、Interstage List Worksと連携した電子帳票保存、Interstage Print Managerと連携した印刷後保存などを実行します。


3. データベース連携

事前にデータベースからデータの抽出条件を作成しておくだけで、データベースよりデータを自動抽出して帳票を出力できます。


4. Webアプリケーション製品との連携

Javaインターフェースにより「Interstage Application Server」と連携したシームレスな帳票出力を実現することにより、Webシステムの開発工数削減や本格的なビジネス帳票運用が可能となります。


5. 多様な分散帳票出力機能

リモート帳票出力機能により、別のサーバ(Oracle Solaris(TM) Operating System(以降Solaris OSと略),Windows Server 2003,Windows Server 2008,Windows Server 2012,Windows XP,Windows Vista,Windows 7,Windows 8,HP-UX,Linux)への大量帳票出力ができます。

また、別のサーバ(Solaris OS,Linux)からの要求で大量帳票出力ができます。なお、Interstage List Creator Connectorと連携することで、アプリケーションサーバの負荷を分散した帳票出力環境を構築できます。

これにより、離れた場所にあるサーバへの帳票出力や、アプリケーションサーバの負荷を分散した帳票出力環境を構築できます。

Solaris OSから、Windows Server 2003,Windows Server 2008,Windows Server 2012が動作するサーバへ帳票出力を行うことで、Windows版 Interstage List Creator、Interstage List WorksやInterstage Print Managerが提供する機能を使用することができます。
また、Windows XP,Windows Vista,Windows 7,Windows 8が動作するサーバへ帳票出力を行うことで、Windows版 Interstage List CreatorやInterstage Print Managerが提供する機能を使用することができます。


6. 各種インターフェースを実装

各種アプリケーションサーバに対応するためのインターフェースを提供します。提供インターフェースは、Java、COBOL、Webサービス(SOAP-RPC方式)API、CFXカスタムタグ及びコマンドです。


7. セキュリティ機能

どのような帳票出力が行われたかは全て監査証跡ログに採取されます。
また、出力する帳票に所有者や日時などを特定するためのID印刷が可能です。
これらの機能により、いざと言う場合の帳票の追跡を可能とします。


8. Interstage List Creator Workstationの同梱

V10.0.0以降では、Interstage List Creator Standard Edition / Interstage List Creator Enterprise Editionに、Interstage List Creator Workstationが同梱されます。
これにより、クライアント環境において、Workstation機能が使用できます。
1)帳票フォーマッティング機能
2)多様な分散帳票出力機能
3)各種インターフェースを実装
4)Interstage商品との連携(高信頼性印刷)


9. 利用による効果

・Solaris OSやWindows、Linuxといった異なるオペレーティング・システムが混在した環境であっても、帳票出力業務を短期間で構築することができます。

・入力データがテキスト形式、CSV形式またはXML形式であり、分散帳票出力時のデータ転送サイズを小さくすることができ、LAN-WAN-LAN環境でもネットワーク帯域を有効に活用することができます。

・印刷処理から電子帳票保存への切替えなど、帳票業務の変更が短期間で簡単に行えます。 お客様の業務アプリケーションを変更する必要はありません。

システム/機能構成図

システム構成図

新規機能

V9.3.1からV10.0.0の機能強化項目は以下のとおりです。

1. 多言語対応

以下の言語に対応しました。なお、Interstage List Creatorが対応している言語については、「概要」の多言語対応に関する記事を参照してください。
・タイ語
・ベトナム語
・チェコ語


2. 帳票出力

帳票定義情報に定義されている項目の属性情報を、帳票出力時に置き換えて出力できる「項目属性の動的切替え機能」を追加しました。

標準添付品

  • オンラインマニュアル

    ・マニュアル体系と読み方
    ・リリース情報
    ・解説編
    ・帳票設計入門ガイド
    ・帳票設計編
    ・環境設定・帳票運用編
    ・アプリケーション作成ガイド
    ・PDF変換機能編
    ・Excelファイル出力機能編
    ・COBOLアプリケーション連携機能編
    ・コネクタ連携機能編
    ・帳票Webサービス機能編
    ・ERP連携編
    ・Navigator連携機能編
    ・XBRLデータ対応機能編
    ・トラブルシューティング・メッセージ集
    ・用語集
    ・旧機能編

商品体系

【メディアパック】
・Interstage List Creator Standard Edition メディアパック V10

【ライセンス】
・Interstage List Creator Standard Edition プロセッサライセンス (1年間24時間サポート付) V10

本商品のライセンス製品には、初年度の「SupportDesk Standard」がバンドルされています。

購入方法

1. メディアパックについて

Interstage List Creator Standard Edition メディアパック V10

メディアパックは、媒体(CD-ROM等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1本のメディアパックが必要です。
バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


2. プロセッサライセンスについて

Interstage List Creator Standard Edition プロセッサライセンス V10

プロセッサライセンスは、本商品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下の通りに必要となるライセンスです。

・シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサ(CODモデルの場合はCPU RTUライセンスを持つ1稼働CPU)あたり1本の購入が必要です。
・マルチコアプロセッサの場合は、コアの総数(CODモデルの場合はCPU RTUライセンスを持つ稼働CPU上のコアの総数)に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
-SPARC M10 では、CPU コアアクティベーションキーにより有効化されたコアの総数に特定の係数を乗じます。
-SPARC Enterprise/PRIMEPOWER のCOD モデルでは、CPU RTU ライセンスを持つ稼働CPU 上のコアの総数に特定の係数を乗じます。

マルチコアプロセッサにおける係数については、「関連URL」に記載の「富士通ソフトウェア情報」内、「富士通製ミドルウェア商品のライセンス体系について」を参照ください。


3. Workstation機能について

Interstage List Creator Standard Editionには、Workstation機能が同梱されており、接続するクライアントに対してインストールフリーです。


4. クラスタシステム(運用待機形態)で運用する場合の購入方法

1対1運用待機形態で運用する場合は、2ノードを1システムと考えて、1システムに本商品を1つ購入することで使用することができます。


5. クラスタシステム(運用待機形態以外)で運用する場合の購入方法

各ノード単位に、本商品を購入する必要があります。


6. ダウングレード使用について

本商品のライセンスを購入することにより、本商品の旧バージョンを使用する権利を得ることができます(以降、「ダウングレード使用」と呼びます)。
「ダウングレード使用」を適用する際には、旧バージョン商品のインストール媒体をお客様が既に購入されていることが前提となります。
購入が必要なライセンス数については、本商品のライセンス購入方法に従ってカウントします。
なお、ダウングレード使用権を用いて、1 つのライセンスで本バージョン商品と旧バージョン商品を同時に使用することはできません。
また、本商品の次バージョン以降を使用する権利はありません。

「ダウングレード使用」可能な旧バージョン商品は、以下の通りです。
-Interstage List Creator Standard Edition V9
-Interstage List Creator Standard Edition V8
-Interstage List Creator Standard Edition 7.x
-Interstage List Creator Standard Edition 6.x
-SystemWalker/ListCREATOR SE 10.x
-SystemWalker/OutputASSIST SE 5.x


7. 7.x以降からのバージョンアップについて

7.x以降の本商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」のサービスの一環として、新バージョンを提供いたします。(お客様からのご要求が必要です。)「SupportDesk」を導入されていない場合は、新バージョン商品を改めてご購入頂く必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。なお、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SE にお問合せください。


8. 6.x以前からのバージョンアップについて

6.x以前の本商品をお持ちの場合は、弊社営業/SEにお問い合わせください。

関連ソフト

1. 利用者定義文字を使用する場合

SystemWalker/CharsetMGR-A SE 10.0以降、または
Interstage Charset Manager Standard Edition Agent 6.0以降


2. 印刷関連

(1)印刷管理を行う場合
SystemWalker/PrintMGR SE 5.1以降、または
Interstage Print Manager Standard Edition 6.0以降

(2)PrintPartner VSPシリーズ(カット紙/連帳紙)への印刷時
BSNPS 3.2以降またはBusiness Printer Control 1.0

(3)PostScriptデータを出力し、PrintPartner VSPシリーズ(カット紙/連帳紙)への印刷時
PostRaster 1.1以降

(4)PostScriptデータを出力し、PrintPartner VSPシリーズ(連帳紙)への印刷時
PostRaster for NLP 1.0以降


3. 電子帳票を保存する場合

SystemWalker/ListWORKS EE 10.0以降/SE 5.0以降、または
Interstage List Works Standard Edition/Enterprise Edition 6.0以降


4. 帳票設計をする場合

Windows版 Interstage List Creator デザイナ V9


5. コネクタ連携機能

(1)Solarisへのコネクタ連携機能を使用する場合
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition 6.0以降(Solaris版)

(2)Windowsへのコネクタ連携機能を使用する場合
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition V6.0L10以降(Windows版)

(3)Linuxへのコネクタ連携機能を使用する場合
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition V7.0L10(Linux for x86(PRIMERGY)版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition V7.0L10以降(Linux for Itanium(PRIMEQUEST)版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition V9.1.0以降 (Linux for Intel64(PRIMERGY)版)


6. リモート帳票出力機能

(1)Solarisへのリモート帳票出力機能を使用する場合
Systemwalker ListCREATOR EE/SE 10.0以降(Solaris版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition 6.0以降(Solaris版)

(2)Windowsへのリモート帳票出力機能を使用する場合
Systemwalker ListCREATOR EE/SE/Workstation V10.0L10以降(Windows版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition/Workstation V6.0L10以降(Windows版)

(3)Linuxへのリモート帳票出力機能を使用する場合
Systemwalker ListCREATOR EE/SE V10.0L20(Linux for x86(PRIMERGY)版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition V6.0L10以降(Linux for x86(PRIMERGY)版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition V7.0L10以降(Linux for Itanium(PRIMEQUEST)版) または、
Interstage List Creator Enterprise Edition/Standard Edition V9.1.0以降 (Linux for Intel64(PRIMERGY)版)


7. Webサービスインターフェースを使用する場合

Interstage Application Server Standard-J Edition V8、または
Interstage Application Server Enterprise Edition V8、または
Interstage Application Server Standard-J Edition V9、または
Interstage Application Server Enterprise Edition V9

動作保証周辺機器

負荷分散運用を行う場合

IPCOM 100または、IPCOM 150または、IPCOM 310または、IPCOM EX1000 LB、またはIPCOM EX1200 LB、またはIPCOM EX2000 LB

留意事項

1. WindowsデスクトップOS(64-bit)上での動作

Workstation機能は、以下のOSのWOW64(注)サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows 7(64-bit)
- Windows 8(64-bit)
- Windows 8.1(64-bit)

注:Windows 32-bit On Windows 64-bit


2. SystemWalker/OutputASSISTとの接続について

旧製品のSystemWalker/OutputASSISTとの接続(リモート帳票出力)も行えます。また、SystemWalker/OutputASSISTで使用していた資産についてもInterstage List Creatorで使用することができます。


3. 帳票設計環境と出力環境でのバージョン混在時の運用について

(1)旧バージョンのInterstage List Creatorデザイナで作成した帳票を、新バージョン製品で帳票出力する場合
出力できます。留意事項はありません。
(2)新バージョンInterstage List Creatorデザイナで作成した帳票を、旧バージョン製品で帳票出力する場合
帳票出力サーバ側の旧バージョン製品のサポート機能の範囲内でのみ使用できます。機能レベルの低い方の機能範囲で使用してください。
例えば、新バージョンでのデザイナを使用して、旧バージョン製品でサポートしていない機能を定義した帳票を旧バージョン製品で出力しようとすると、エラーとなります。


4. PrintPartner VSPシリーズへの印刷について

PrintPartner VSPシリーズへ印刷する場合には、PostScriptデータの出力に加えてFMデータまたはFNPデータを出力することも可能です。
FMデータおよびFNPデータには、PostScriptでは扱えない「外字」や「バーコード」を出力できるという利点があります。帳票データの内容や業務形態に合わせて選択してください。


5. サポートプリンタについて

Interstage List Creatorがサポートしているプリンタは以下のとおりです。ご使用にあたっては、別途、BSNPSまたはBusiness Printer Controlを導入していただく必要があります。BSNPSおよびBusiness Printer Controlの詳細につきましては、"BSNPS説明書"、"Business Printer Control説明書"を各々参照してください。
・VSPレーザ単票:VSP4600、VSP4601、VSP4610A、VSP4620、VSP4620A、VSP4700、VSP4701、VSP4710、VSP4720、VSP4750
・VSPレーザ連帳:VSP4900、VSP4902、VSP4950、VSP4960、VSP4971、VSP4980、VSP4951A、PS5600A、PS5600B、PS5230A、PS5110B
・VSPシリアルプリンタ:VSP2740、VSP2910H、VSP3600、VSP3601、VSP3601A、VSP3700、VSP3710、VSP3710A、VSP3710B、VSP3801、VSP3802、VSP3802A、VSP3802B


6. 排他製品について

既に以下の製品をインストール済みのシステムに対して本製品をインストールできません。
・Systemwalker ListCREATOR
・SystemWalker/OutputASSIST
・SystemWalker/e-DocGenerator
・SystemWalker for R/3 プリント連携
・SystemWalker for Oracle Applications プリント連携
・Interstage List Manager Enterprise Edition / Standard Edition


7. クラスタシステム上での動作について

本製品は、フェールオーバには対応しておりませんが、クラスタシステム上で動作可能です。


8. IPv6について

(1)IPv6のグローバルユニキャストアドレス、ユニークローカルユニキャストアドレスのみが使用できます。
(2)以下のオペレーティングシステムでは、IPv6が使用できません。
-Windows Server 2003
(3)以下のPrint Manager連携機能のメッセージ通知先には、IPv6のみの環境を利用できません。
-高信頼印刷機能
-Fax送信


9. Windows 8での留意事項

- 印刷中にOSのスプーラから、印刷の取り消しを行うと、List Creatorから出力されるエラーが変わります(*)。
*:ID:1050ではなく、ID:1299のエラーが通知されます。

関連URL

お客様向けURL