このページの本文へ移動

2016年 10月 現在

FUJITSU Software
Interstage List Works Enterprise Edition V9.0.1

本商品は、オープンシステム上のアプリケーションから各種パッケージまで、多様なプラットフォームから出力された帳票を集約し、仕分けから保存、管理、流通、活用まで、電子帳票による一元管理と、インターネット環境での情報活用を実現する電子帳票システムです。
帳票の電子化により紙帳票の流通コストを削減するとともに、検索や表計算ソフトなどとの連携機能を利用した情報活用により業務効率の向上を実現します。
加えて、大規模システム、高信頼の機能を提供します。

購入について

適応機種 概要

  • サーバ
    PRIMEQUEST 3000/2000シリーズ / PRIMEQUEST 1000シリーズ / PRIMERGY / マルチベンダーサーバ・クライアント / FUJITSU Cloud Service S5 / パブリッククラウド

  • クライアント
    PRIMERGY / FMV

適応OS 概要

  • サーバ
    Red Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64) / Red Hat Enterprise Linux 5 (for Intel64)

  • クライアント
    Windows Server 2008 R2(64-bit) / Windows Server 2008(64-bit) / Windows Server 2008 / Windows Server 2003 x64 Editions / Windows Server 2003 / Windows 7(64-bit) / Windows 7 / Windows Vista / Windows XP

機能説明

1. 利用分野

業務/基幹系、情報系などの情報システムの主要分野で、少量から大量印刷までの広範囲な帳票処理業務を行っている部門に適用できます。「見るだけの帳票」から「活用できる帳票」「データの流通が容易な帳票」に、帳票処理業務が変革します。


2. 特長

(1) 表示/PCプリンタ印刷は、現行帳票の忠実な再現です。

(2) 帳票データの流通が容易になります。

(3) Web クライアントから帳票資源をアクセスできます。(Web連携機能)


3. クラスタ対応

リスト管理サーバにトラブルが発生した場合にサーバの切り換えを行うことができ、サービスの稼働率を高めることができます。
常時運用が求められるシステムに最適です。


4. 帳票仕分け機能

帳票を登録する際に、帳票を仕分けすることができます。帳票の仕分けでは、帳票の分割などを行うことができます。

システム/機能構成図

システム構成図

図を拡大表示

新規機能

V9.0.0からV9.0.1の機能強化は以下のとおりです。

1. Red Hat Enterprise Linux 6(for Intel64)対応

動作OSとして、以下を対応しました。
-Red Hat Enterprise Linux 6(for Intel64)
また、仮想環境として、Red Hat Enterprise Linux 6に搭載されているLinux仮想マシン機能(KVM)にも対応します。


2. ホスト帳票登録

Windows版V9でご提供しているホスト帳票登録を追加しました。
コマンドによる富士通ホスト帳票の登録を可能とします。
また、登録時、ホスト帳票の仕分け機能も動作可能とします。


3. リモート印刷機能

Windows版V9でご提供しているリモート印刷を追加しました。
リスト管理サーバで印刷フォルダとして定義してあるプリンタに、オープン帳票を印刷することができます。


4. PDF変換機能

Windows版V9でご提供しているPDF変換機能を追加しました。
以下のPDF変換に対応しています。
- 登録時PDF変換
- Webクライアントにおける、PDF形式での帳票の表示および保存
- サーバコマンドによるPDF変換

標準添付品

  • オンラインマニュアル

    ・Interstage List Works V9.0.1 マニュアル体系と読み方 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 運用手引書 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 環境構築手引書 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 保守手引書 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 帳票仕分け手引書 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 コマンドリファレンス (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 API リファレンス (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 操作手引書 運用管理者編 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 操作手引書 利用者編 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 メッセージ集 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 用語集 (PDF形式)
    ・Interstage List Works V9.0.1 インストールガイド (PDF形式)

商品体系

・Interstage List Works Enterprise Edition メディアパック (64bit) V9.0.1
・Interstage List Works Enterprise Edition プロセッサライセンス (1年間24時間サポート付) V9

本商品のライセンス製品には、初年度の「SupportDesk Standard」がバンドルされています。

購入方法

1. メディアパックについて

メディアパックは、媒体(CD-ROM等)のみの提供です。使用権は許諾されておりませんので、別途、ライセンスを購入する必要があります。また、商品の導入にあたり、最低1本のメディアパックが必要です。バージョンアップ/レベルアップを目的に本メディアパックのみを手配することはできません。


2. プロセッサライセンスについて

プロセッサライセンスは、本商品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下のとおりに必要となるライセンスです。
・シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサあたり1本の購入が必要です。
・マルチコアプロセッサの場合は、コアの総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。

マルチコアプロセッサにおける係数については、「関連URL」に記載の「富士通ソフトウェア情報」内、「富士通製ミドルウェア商品のライセンス体系について」を参照ください。


3. V9.0.0からのレベルアップについて

V9.0.0の本商品をお持ちの場合は、有償サポート・サービス「SupportDesk」のサービスの一環として、最新レベルを提供いたします。(お客様からのご要求が必要です。)
「SupportDesk」を導入されていない場合は、新レベル商品を改めてご購入頂く必要があります(価格の優遇はございません)のでご注意ください。
なお、「SupportDesk」の詳細については、弊社営業/SEにお問合せください。


4. クラスタシステム(1:1運用待機形態)運用時の購入方法

2ノードを1システムと考えて、1システムに本商品を1本購入することで使用することができます。

関連ソフト

1. オープン帳票を登録する場合

オープン帳票を登録する場合は、以下のいずれかの製品が必要です。
・MeFt V7/V8/V9/V10(Windows、Solaris) 注1
・NetCOBOL Base Edition サーバ運用パッケージ V7/V8/V9/V10 (Windows、Solaris) 注1
・Interstage List Creator V7/V8/V9 (Windows、Solaris) 注1
・Interstage List Creator V9 (Linux) 注2

注1:32ビットネイティブアプリケーションでのみ動作します。
注2:64ビットネイティブアプリケーションでのみ動作します。


2. 利用者定義文字を使用する場合

利用者定義文字を使用した帳票を運用する場合は、以下の製品が必要です。
・Interstage Charset Manager Standard Edition Agent V9


3. 外字を使用する場合

外字を使用した帳票を運用する場合は、以下の製品が必要です。
・Interstage Charset Manager Standard Edition V9

明朝体・ゴシック体の外字作成時は、以下のいずれかの製品が必要です。
・JEF拡張漢字サポート (明朝体の外字作成時に必要)
・JEFゴシックフォント (ゴシック体の外字作成時に必要)

外字にはJEF第1水準/第2水準の旧字体、シフトJISコードのベンダ固有文字/利用者定義文字が含まれます。


4. クラスタ運用する場合

クラスタ運用する場合は、以下の製品が必要です。
・PRIMECLUSTER Enterprise Edition 4.3A00/4.3A10
・PRIMECLUSTER HA Server 4.3A00/4.3A10


5. List Worksに付属しているデータベースサーバを使用しない場合

リスト管理サーバとは別にデータベースサーバを構築する等List Worksに付属しているデータベースサーバを使用しない場合は、以下のいずれかの製品が必要です。リスト管理サーバには、Symfowareのクライアント機能をインストールします。
・Symfoware Server Enterprise Extended Edition 9.1.0
・Symfoware Server Enterprise Extended Edition 9.2.0
・Symfoware Server Enterprise Extended Edition V10.1.0
・Symfoware Server Enterprise Edition 9.1.0
・Symfoware Server Enterprise Edition V10.0.0
・Symfoware Server Enterprise Edition V10.1.0

本商品には、Symfoware Server Enterprise Edition V10.1.0相当のRDBエンジンが付属されています。


6. List Worksに付属しているWebアプリケーションサーバを使用しない場合

List Worksに付属しているWebアプリケーションサーバを使用しない場合は、以下のいずれかの製品が必要です。
・Interstage Application Server Standard-J Edition V9.2.0
・Interstage Application Server Standard-J Edition V9.3.1
・Interstage Application Server Standard-J Edition V10.0.0
・Interstage Application Server Enterprise Edition V9.2.0
・Interstage Application Server Enterprise Edition V9.3.0
・Interstage Application Server Enterprise Edition V9.3.1
・Interstage Application Server Enterprise Edition V10.0.0

本商品には、Interstage Application Server Standard-J Edition V10.0.0相当の機能が付属されています。


7. Webクライアントを使用する場合

Webクライアントを使用する場合は、以下のInternet Explorerで動作します。
・Internet Explorer 6.0
・Internet Explorer 7(32ビット)
・Internet Explorer 8(32ビット)
・Internet Explorer 9(32ビット)

動作保証周辺機器

なし

留意事項

1. Intel64環境での動作について

本商品は、以下のディストリビューションの環境で、64ビットモードで動作します。
- Red Hat Enterprise Linux 5 (for Intel64)
- Red Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)


2. Windows サーバOS (64-bit)上での動作

本商品は、以下のOSのWOW64(注)サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows Server 2003 x64 Editions
- Windows Server 2008(64-bit)
- Windows Server 2008 R2(64-bit)

注:Windows 32-bit On Windows 64-bit


3. Windows デスクトップOS (64-bit)上での動作

本商品は、以下のOSのWOW64(注)サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します。
- Windows 7(64-bit)

注:Windows 32-bit On Windows 64-bit


4. Windows版 V9との機能差について

Linux版の機能/仕様について、Windows版 V9との機能差は、以下のとおりです。
・ Windows版またはSolaris版の旧バージョンの帳票および資産を、移行できません。
・ ファイリング機能は、使用できません。
・ サーバAPI機能は、使用できません。
・ フォルダ共有運用は、使用できません。


5. 前版(V9.0.0)との機能差について

V9.0.1で以下の機能を削除しました。
・Windows 2000上での動作
本商品は、Windows 2000上では動作しません。


6. クラスタ運用について

(1) サポートするクラスタシステムは、以下のとおりです。
・PRIMECLUSTER 4.3 A00
・PRIMECLUSTER 4.3 A10

(2) 運用待機形態をサポートします。(1:1運用待機形態)

(3) 保管フォルダに格納された帳票がクラスタ運用の対象となります。

(4) 帳票の受信、印刷時にフェイルオーバが発生した場合は、クラスタ運用の対象外となります。またWeb連携もクラスタ運用の対象外となります。


7. 本商品に組み込まれている商品の留意事項について

Interstage Application Server Standard-J Edition V10.0.0、Symfoware Server Enterprise Edition V10.1.0の留意事項も参照してください。


8. 同梱しているInterstage Application Server

本製品のWebゲートウェイサーバおよびリスト管理サーバを構築するために、Interstage Application ServerのWebサーバ、サーブレット実行環境、Java実行環境機能、Interstage管理コンソールを使用します。
その他のInterstage Application Serverの機能、ユーザWebアプリケーションの開発・運用、および本製品のマニュアルや製品ドキュメントで記述している以外の方法・手順などで本製品に同梱しているInterstage Application Serverを使用することは、認めていません。
上記に該当する場合、別途Interstage Application Serverの製品を購入する必要があります。

関連URL

お客様向けURL