このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. Symfoware >
  4. 製品ラインナップ >
  5. Symfoware Server >
  6. 特長 >
  7. ISO/IEC15408認証について

FUJITSU Software
Symfoware Server
ISO/IEC15408「情報技術セキュリティ評価基準」認証製品

Symfowareでは早期よりセキュリティ要件の問題に取り組んでおり、国際的なセキュリティ評価基準であるISO/IEC 15408に準拠すべく製品の開発を行い、商用目的としてはもっとも高度な最高水準のセキュリティ機構を実装してきました。
2003年11月26日には「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE) (注1-1)」より、日本初の『EAL4』として「SymfoWARE Server Enterprise Extended Edition 4.0」が認証されました。

Symfowareでは、お客様に安心してご利用いただけるよう、継続的にセキュリティ問題に取り組んだ製品開発を行なっています。

2004年4月1日付けで「独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)」から「独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)」へ認証機関としての業務が移管されています。

認定機能

Symfoware Serverは、不正なアクセスからデータベースを保護するための「利用者制御機能」「資源制御機能」「監査ログ機能」などのセキュリティ機能が適切に設計・実装され、有効であることを認められました。

ISO/IEC15408 認証製品一覧

「ITセキュリティ評価及び認証」を受けたSymfoware製品を認証年月日順にご紹介します。
認証番号のリンクは「独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)」が公開する「認証製品リスト」内の製品情報へリンクしています。

認証番号 C0144

認証番号 C0144の詳細
動作OS 製品名(TOE名称) 保証レベル 認証日
Linux(Itanium) Symfoware Server Enterprise Extended Edition 9.0.1 EAL4 2008年1月25日

認証番号 C0097

認証番号 C0097の詳細
動作OS 製品名(TOE名称) 保証レベル 認証日
Solaris Symfoware Server Enterprise Extended Edition 8.0.0 EAL4 2007年5月30日

認証番号 C0067

認証番号 C0067の詳細
動作OS 製品名(TOE名称) 保証レベル 認証日
Linux(Itanium) Symfoware Server Enterprise Extended Edition 8.0.1
(修正プログラム T000132QP-01,T000133QP-01適用)
EAL1 2006年11月22日

認証番号 C0061

認証番号 C0061の詳細
動作OS 製品名(TOE名称) 保証レベル 認証日
Solaris Symfoware Server Enterprise Extended Edition 7.0.2 EAL1 2006年10月31日

認証番号 C0003

認証番号 C0003の詳細
動作OS 製品名(TOE名称) 保証レベル 認証日
Solaris SymfoWARE Server Enterprise Extended Edition 4.0 EAL4 2003年11月26日

関連ウェブサイト

無料で90日間全ての機能を試せる!Symfoware Server 体験版ダウンロード

この製品についてもっと詳しく

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)