このページの本文へ移動

FUJITSU Software Primesoft Server
特長

マイクロ秒レベルの安定した高速データアクセス

すべてのデータをメモリ上で管理することでディスクへのアクセスを不要にし、サーバ間のネットワークアクセスに独自プロトコル(特許出願済)を採用することで、マイクロ秒レベルの高速アクセスを実現しています。


高速データアクセスを実現する主な機能
データ管理(Primesoftテーブル) , 非同期メッセージ通信(Primesoftキュー) , メッセージ配信 , トランザクション制御 , パーティショニング

ミッションクリティカルシステムに適用できる高水準のデータ保証

インメモリで管理しているトランザクションデータは、常時、自動的に待機側サーバへミラーリング(特許出願済)し、データを冗長化しています。また、待機側サーバではミラーリングされたデータを即時反映し、インメモリデータ全体を現用サーバと同じ状態にしてメモリ上に保持しています。また、データベースと同等のトランザクション制御でデータの一貫性を保証しています。


データ保障を実現する主な機能
高信頼機能 , 高可用性 , 冗長性の維持

アプリケーションの修正なしで柔軟にシステムを拡張

限界のない能力増強のために、データを複数のサーバに分散配置することで、容易にサーバの追加ができます。また、データの配置場所を仮想化することで、アプリケーションはデータの所在を認識不要です。これらにより、システムの急激な処理量の増加に柔軟に対応することが可能となり、システム拡張を安全かつ迅速に行うことができます。


システム拡張を実現する主な機能
監視機能 , スケールアウト

この製品についてもっと詳しく

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)