このページの本文へ移動

構想から実践へ―

企業価値を向上させる
富士通のSOA基盤

クラウド時代の企業システム全体最適に向けた3つのアプローチでお客様のビジネス成長を加速

富士通が考える3つのアプローチ

全体最適に向けた3つのアプローチとSOAミドルウェア

サービスの単位で整理、統合するSOAの考え方に基づき、お客様が抱えている身近な課題から解決して、全体最適化を実現します。
それには、次の3つのアプローチがあります。


【全体最適に向けた3つのアプローチとSOAミドルウェア】


シーン1 : 画面をつなぐ [フロント統合]

担当者が、既存システムとクラウドサービスの両方を効率よく利用するためには、業務画面を1つに統合し、担当者の利便性向上を図る方法があります。

「Interstage Interaction Manager」を利用することで、クラウドサービスを含む、複数システムに散在している業務画面を統合した業務ポータルの構築を支援します。
さらにSSO(シングル・サインオン)により、クラウドサービス利用により増え続けるログインIDを個別に入力する手間が解消でき、利用者の役割に応じたアクセス制御も可能です。既存システムに手を加えないため、新規構築に比べると、より安価にSSO環境を構築できます。
また、「Interstage Interaction Manager」のAjax技術を使ったマッシュアップなどフレームワークを活用する事で、業務にあわせた情報やサービスを集約して使い勝手のよい画面を実現し、作業効率を高めることが可能になります。


シーン2 : 業務をつなぐ [BPM (ビジネス・プロセス・マネジメント)]

マーケットの変化に柔軟かつ迅速に対応できるICTシステムの基盤を構築し、強化していくためには、継続的な業務改善が必要です。またICTシステムだけでなく、経営トップから業務担当者の作業までを含めた業務プロセスを見える化・自動化し、業務状況の監視・分析から迅速な意思決定まで行うPDCAサイクルを回す必要があります。

「Interstage Business Process Manager」は、電話やメールなど、現場の担当者が日常の中で判断し、作業している業務処理までも、業務システムと結びつけて、全体の見える化/自動化を実現し、業務全体を効率化します。
さらに、クラウドサービスを導入しても、社内の業務システムと合わせて業務プロセスを連携することが可能です。

「Interstage Business Process Manager Analytics」は、日々の業務状況や業務データをリアルタイムに監視し、改善点の抽出を可能にします。


シーン3 : システム・データをつなぐ [サービス・データ連携基盤]

経営や業務で必要な情報を素早く入手するためには、SOA基盤であるESB(エンタープライズ・サービスバス)の導入により、業務システム間の情報連携をリアルタイム化し、業務のリードタイムを短縮して、サービスレベルを向上する必要があります。

富士通のESB製品である「Interstage Service Integrator」を利用することで、開発や保守の効率化と、既存システムを活かしつつ優先度の高い業務から段階的に標準化/リアルタイム化することが可能です。
既存システムやERPなど、各種パッケージとの豊富な接続実績を持っており、確実なサービス連携を実現します

また、「Interstage Information Integrator」は、既存システム間のデータのバッチ連携をはじめ、連携するシステム間において多様なデータの収集・統合を実現します。

「Interstage Host Access Service」は、メインフレームで運用していた端末業務アプリケーションをサービス化し、有効活用することが可能です。

トップ  |  Why FUJITSU  |  アプローチ方法  |  特集記事  |  製品  |  お客様への導入事例

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)