このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のミドルウェア >
  4. 企業価値を向上させる富士通のSOA基盤

構想から実践へ―

企業価値を向上させる
富士通のSOA基盤

クラウド時代の企業システム全体最適に向けた3つのアプローチでお客様のビジネス成長を加速

企業の戦略的なICT投資には、クラウドの利活用を含め企業内のシステム全体を、「人」、「業務プロセス」、「ICT資産」について見える化・自動化を行い、ビジネスのスピードを向上させるための全体最適が必要です。

富士通のミドルウェアによるSOAの考え方は、クラウド・コンピューティングを含めたICTの利活用までも捉えて、SaaSや高生産の開発等への取り組みによるフロント業務のスピード化のニーズも含めて業務システム全体を最適化していくことで、お客様のビジネス成長を加速します。

シーン1「画面をつなぐ」

 フロント統合

クラウド・オンプレミス混在業務のIDと画面を統合し、利用者の業務処理のスピードアップ、ミス防止を実現

シーン2「業務をつなぐ」

 BPM

(ビジネス・プロセス・マネジメント)

電話やメールでの調整といった人の作業も含めて業務プロセスを可視化・自動化し、SaaSと基幹系システムをつないで全体を統合

シーン3「システム・データをつなぐ」

 サービス・データ連携基盤

バックエンドの業務システム最適化
既存システムを活かしながら、変化に強いシステムを再構築

山崎製パン株式会社様
(サービス・データ連携基盤)
SOA基盤で全データを一元管理・利用できる環境を整備
リアルタイムなデータ連携を実現し、競争力強化

NKSJひまわり生命保険株式会社様
(サービス・データ連携基盤)
経営戦略に素早く、柔軟に対応できる
システム連携基盤実現により競争力を強化

トップ  |  Why FUJITSU  |  アプローチ方法  |  特集記事  |  製品  |  お客様への導入事例

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)