このページの本文へ移動

富士通のミドルウェア IT全般統制

IT全般統制対応には、統制項目の重要度に応じて整備を進める段階的アプローチを採用することが“鍵”となります。
まずは信頼性の根幹となるセキュリティ関連項目から着手し、これから先のシステム標準化、共通化、統合へ向けて、段階的に全体最適を目指していくことが肝要です。適切なICTツールの導入は、整備を加速するための重要なポイントです。
富士通は、お客様がIT全般統制の強化と運用の効率化を両輪で実現するためのソリューションを提供していきます。

特集

データセンターの運用課題を解決する新たなミドルウェア

コスト削減や内部統制対応の強化がますます求められる昨今では、ITリソースを集約し一元的に管理する「企業内データセンター」の構築を進める企業が増えています。
企業内データセンターを運用する上で、重要な課題のひとつであるアプリケーション変更管理の課題を解決するソリューションや、変更・リリース管理のさまざまな課題を解決し、迅速で正確なアプリケーション変更を実現します。

[2009年12月~2010年2月掲載]

富士通のミドルウェアが支援する「内部統制」4つのテーマ

Systemwalkerは、内部統制で求められる記録やレポートを確実に管理しながら、自動化や標準化を推進することにより、効率的で人為的なミスを可能な限り排除した運用を実現。統制の取れたシステム運用を強力にサポートしていきます。

[2008年11月~2009年3月掲載]

プロフェッショナルが語る(イベントレポート)

Systems Management Forum 2008 Autumn
IT全般統制の強化と運用の効率化を両輪で実現する運用管理ソリューション

ITがビジネスに不可欠になった現在、内部統制の評価・改善プロセスを継続的な活動として有効かつ効率的に実施していくうえで、IT全般統制の強化は必須だ。IT全般統制の強化と運用の効率化を両輪で実現するためのポイントについて、ソリューションをもとに解説。

[2009年1月掲載]

導入事例

西武鉄道株式会社 様

広告

J-SOXがスタートして見えてきた“本当の”内部統制

過去の掲載記事

特集 (2007年~2008年1月)

IT全般統制を強化するポイント!

本格化するIT全般統制!
Systemwalkerによる証跡管理と運用プロセス管理


広告 (2007年~2008年3月)

富士通SystemwalkerでIT全般統制を支援!

安心・安全なIT全般統制を目指して

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

関連リンク


ビジネスの発展と企業コンプライアンスを支える統合運用管理ソフトウェア
Systemwalker(システムウォーカー)

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)