このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のミドルウェア >
  4. 特集 >
  5. Symfowareが選ばれる理由 - ここまで違う!データベースのリソース活用 -

Symfowareが選ばれる理由 ここまで違う!データベースのリソース活用

CPUやメモリなどのリソースに余力があるはずなのに、思うように性能が伸びないことがあります。その解決策として「サーバ増設」をご検討される前に、データベースの見直しで増設が不要となる場合があります。
ここでは、データベースソフトウェアのリソース活用に注目し、サーバのリソースを無駄なく活かす仕組みについてご紹介します。

[2011年9月27日掲載]

リソース活用の秘訣

パーティショニング機能による負荷分散

ログ分散で更にリソースを有効活用

パーティショニング機能による負荷分散

今や、データベースでは当たり前の機能となっている表のデータを“特定の条件”を基に分割して利用するための技術「パーティショニング」。
この技術を最初に導入したデータベースソフトウェアは富士通の「Symfoware」です。

パーティショニング機能がある場合とない場合とでI/Oへの負荷を比較してみます。
例えば1年分のデータをパーティショニング機能によって1か月毎に分散した場合、複数のユーザーがデータにアクセスしたとしても、アクセスするデータ量が1か月分と少なく済むため、I/Oが高負荷になることを防ぐことができます。

パーティショニング機能がある場合

パーティショニング機能がなく、1年分のデータをすべて1カ所に格納した場合、複数のユーザーが全て1年分のデータにアクセスすることになるためI/Oが高負荷になることが懸念されます。

パーティショニング機能がない場合

このように、パーティショニング機能はアクセスするデータ量を小さく抑え、I/Oの高負荷がスループット低下の一因となることを防ぐために非常に有効な手段です。
また、パーティショニング機能によってデータを分散した場合、CPUリソースの有効活用にも効果的です。
最近のサーバに搭載されているCPUはマルチコアが多く、1つのCPUで複数のプログラムを同時実行させることが容易にできるため、コア毎にデータの読み込み先を分散させることで互いにプログラムの処理を妨げることなく、コアの性能をフルに引き出すことができます。

パーティショニング機能によりコア毎にデータを分散するイメージ

まさにパーティショニング機能は、マルチコア時代のサーバ要件に合った必須機能と言えるのです。

ログ分散で更にリソースを有効活用

データベースにはACID特性(注1)を保証するための操作履歴を記録する「ログ」が存在します。ログはデータと同じようにハードディスクなどに記録されます。しかし、このログがスループット低下の一因になる場合があります。

一般的なデータベース製品の場合、パーティショニング機能によってデータを分散することができますが、ログは分散できないケースが多いため、ログへのI/O処理集中が発生することによりスループットが低下し、サーバのリソースを十分に使いきることができない場合があります。

ログへの書き込みがI/O性能のボトルネックに

Symfoware Serverでは、パーティショニング機能でデータを分散し、更に富士通独自の技術、「スケーラブルログ機能」によりログも分散することができます。
ログを分散することによりログに対するI/O処理集中を防ぎ、高いスループットを実現することができます。

「スケーラブルログ機能」により「ログ」までも分散

導入したサーバの性能を無駄なく使い切るデータベースソフトウェアを選択することで、サーバのリソースを有効活用し、不要なサーバ増設の投資を抑えることができます。
富士通のデータベースソフトウェア「Symfoware Server」は、サーバのリソースを有効に活用するためのパーティショニング機能とログ分散機能を標準提供(注2)しており、最小限のコストで信頼性の高いデータベースシステムの構築を実現します。

ACID特性
データベースのトランザクション処理に必要な次の4つの特性です。

  • Atomicity (原子性)
    トランザクションが完結されるか、トランザクションが完結しない場合は実行前の状態に戻ること
  • Consistency (一貫性)
    トランザクションの実行前と実行後でデータの整合性が保たれており矛盾がないこと
  • Isolation (独立性)
    トランザクション実行中の処理が他の処理に影響を与えないこと
  • Durability (耐久性)
    トランザクションが完結したらデータは記録され、障害が発生してもデータは失われないこと

Symfoware Server Standard Edition / Symfoware Server Enterprise Edition / Symfoware Server Enterprise Extended Editionに標準搭載しています。

 

おすすめコンテンツ(無料)

体験版をダウンロードする

新発売の「Symfoware Server Lite Edition」が実際に体験いただけます。ぜひお試しください。

体験版の詳細・ダウンロードはこちら

eラーニング

データベースの基礎から構築まで無料で学習できます。

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

広告掲載記事

データベースを“デファクト”と“固定観念”で選んでいませんか?
データベースの見直しこそ、コスト削減の最後の切り札

ご紹介した製品


  • Symfoware開発者インタビュー

    ~ミッションクリティカルなデータベース開発にかける強い思い~
  • プレスリリース
    (2011年7月5日)

連載 Symfowareが選ばれる理由

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)