このページの本文へ移動

富士通のミドルウェア コスト削減

企業規模を問わず、ビジネスのICTへの依存度はますます高まっています。情報の活用シーンは広がり、ネットワークやモバイル端末も高度化し、企業の情報システムは物理・論理上の集約やアウトソーシングなど、既にさまざまな形で運用業務の効率化に取り組んでいます。
そんな中、これからの情報システムは「所有」から「利用」する時代へパラダイムシフトしており、クラウド・コンピューティングに対する期待の声が高まっています。
ここでは、多様化するICTのコスト最適化を実現するためのポイントをご紹介します。

特集

経営課題の解決に今求められるICT基盤とは
- 関心が高まる事業継続、新規ビジネス創出、コスト削減への取り組み -

企業経営のあり方が問われている今、経営層の関心が高いと言われている代表的な経営課題「事業継続」「新規ビジネス創出」「コスト削減」について、業務遂行の要であるICT基盤を支えるアプリケーションサーバによる解決策を提案します。

[2012年1月掲載]

人手による運用作業を自動化し、データセンターの運用コストと消費電力を削減

コスト競争力の強化に向け、データセンターへのサーバ集約を進める企業が増えています。ここでは、人による確認作業や判断、指示をも含めた運用の自動化についてご紹介します。

[2011年12月掲載]

システムの自動運用と柔軟なジョブスケジューリングでサーバの節電対策

オフィスのパソコンとともに大きな節電効果を期待できるICT機器がサーバです。多様化、複雑化したサーバの自動運用化によるシステムの安定稼働と、運用コストと消費電力の削減の両立について考えます。

[2011年9月掲載]

Symfowareが選ばれる理由
第1回 ここまで違う!データベースのコスト削減

今やビジネスキーワードとして不可欠な「コスト削減」。ここでは、データベースソフトウェアのライセンスに注目し、賢いコスト削減方法についてご紹介します。

[2011年7月掲載]

導入事例

富士通株式会社(社内実践事例)

リアルタイムなデータ連携によりサポートサービスの品質を向上
データベースにかかる運用保守維持費を70%削減

[2014年1月掲載]

生活協同組合コープこうべ 様

仮想化・システム集約により店舗システムを最適化
既存のCOBOL資産活用を軸にコストを大幅に削減

[2013年9月掲載]

山崎製パン株式会社 様

SOA基盤で全データを一元管理・利用できる環境を整備
リアルタイムなデータ連携を実現し、競争力強化

[2013年7月掲載]

株式会社バンダイナムコホールディングス 様

システム基盤の仮想化・統合による統一を機にジョブスケジュールの変更作業工数を約6分の1に削減
[2013年3月掲載]

大和証券株式会社 様

複数サーバへの設定・資源配付作業を自動化
リスクを低減し、運用工数を約2分の1、コストを約3割削減

[2012年11月掲載]

株式会社JA大分総合情報センター 様

16JAのシステムを短時間で円滑に統合
コスト最小化と運用の柔軟性を同時に実現

[2012年4月掲載]

明治安田生命保険相互会社 様

アプリケーションの互換性を確保して移行リスクを低減
コストと時間をかけずに安定稼働と性能向上を実現

[2010年12月掲載]

富士通株式会社(社内実践事例)

実践事例 沼津ソフトウェア開発クラウドセンター
‐ 仮想化・標準化・自動化によるクラウド化 開発効率化とコスト削減を推進 ‐

[2010年6月掲載]

日本通運株式会社 様

全国160拠点を結ぶ鉄道コンテナ情報システムを短期で確実に刷新
帳票出力用紙のコストを半減し、運用性・保守性・生産性を向上

[2008年9月掲載]

富士通株式会社(社内実践事例)

富士通グループ内に散在する購買システムをオープン環境に統合
高速なレスポンスとノンストップの安定稼働を実現

[2008年6月掲載]

経営の要請に応えるICT基盤の鍵は“コストダウン”と“柔軟性”

[2012年1月掲載]

「莫大なコストが掛かる」をもう一度、見直そう 業務の重要度を見極めて、もっと安く、賢く行う
データベースの災害対策、3つのシナリオ

[2011年12月掲載]

データベースを“デファクト”と“固定観念”で選んでいませんか?
データベースの見直しこそ、コスト削減の最後の切り札

[2011年7月~9月掲載]

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)