このページの本文へ移動

プライベートクラウド対応 ソフトウェア製品

富士通は、プライベートクラウド環境構築に必要なソフトウェア製品ラインナップを揃えています。これらの製品は、お客様のICTリソースを仮想化し、標準化した開発・実行環境の配備・運用を自動化、さらに業務サービスの一覧や運用状況の見える化を実現します。また、パブリッククラウドとのデータ連携により最適なクラウド活用を支援します。
これにより高信頼・高品質、資産継承性の高いプライベートクラウド環境を構築し、運用コストを低減します。

プライベートクラウドを支える技術

クラウド運用ソフトウェアとして、業務サービスの見える化、自動配備・自動運用、ダイナミックリソース管理、開発・実行ソフトウェアとして、クラウドデータ連携の機能を備え、さらに、お客様資産の継承性を高めるために、マルチベンダ環境に対応します。

プライベートクラウドを支えるソフトウェア製品

富士通は自社開発のソフトウェア製品を、社内実践を通してマルチベンダ環境のお客様に提供していきます。ITIL®やSOAを軸にしたソフトウェア体系を強化し、お客様のプライベートクラウドを支援します。

仮想化技術によるダイナミックリソース管理

ServerView Resource Orchestrator

物理/仮想サーバ、ストレージ、ネットワーク機器の一元管理によりICTリソースの有効活用、運用の効率化を実現します。お客様のプライベートクラウド環境の運用形態に応じて選択できるため、最適な管理・運用を支援します。

業務サービスの見える化技術によるサービスカタログ管理

Systemwalker Service Catalog Manager

業務アプリケーションを短期にサービス化する機能を提供し、また利用者が共通のサービスを利用できるため、利用部門のコスト削減と利便性を向上するソフトウェアです。企業内アプリ―ケーションのSaaS化実現を支援します。

自動化技術による自動配備

Systemwalker Software Configuration Manager

クラウド環境のソフトウェア構成情報を一元管理するソフトウェアです。クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理およびパッチの適用状況を一元管理し、インフラ管理者の作業負担を軽減します。

自動化技術による自動運用

Systemwalker Runbook Automation

これまで運用手順書に従って人手で行っていた運用作業を自動化するソフトウェアです。運用作業手順については当社が培った豊富なシステム運用ノウハウをテンプレート化、部品化して提供します。これにより運用作業の負荷軽減と作業品質の向上を実現します。

SOAによるクラウドデータ連携

Interstage Information Integrator

データソース連携機能とデータ結合機能を備えた「Interstage Information Integrator」を強化し、SOAに基づく技術でパブリッククラウドとのデータ連携を可能にします。従来は、転送、異常発生時の再送処理、データ変換などの処理をお客様の環境ごとに構築する必要がありましたが、このソフトウェアの導入により、プログラミングなしにデータ連携が可能になります。まずは、Salesforce.comとの連携より開始し、順次対応を拡大します。

ご紹介資料

PDF プライベートクラウド ソフトウェア ご紹介 (1,535KB、24ページ)[2014年1月掲載]


【 富士通のソフトウェア体系 】

関連製品

富士通は、これまでに培ったクラウド技術、運用ノウハウを元に、プライベートクラウドの構築・運用に必要な要素をパッケージ化したプライベートクラウド統合製品を提供します。


 プライベートクラウド |  全体最適化に向けたアプローチ |  ソフトウェア製品 |  実践事例


本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)