このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のミドルウェア >
  4. ビッグデータ活用を支えるソフトウェア >
  5. ビッグデータの特性からみる活用シーン例

ビッグデータ活用を支えるソフトウェア

ビッグデータの特性からみる活用シーン例

新たな価値を提供するビッグデータ利活用の想定シーンを、ビッグデータの特性ごとにご紹介します。

Volume(大量データの高速処理)

日々、数億件のデータ処理で店舗毎の売れ筋商品を予測

対象店舗を全国に拡大し、グループ全体の利益を拡大

原価・損益計算バッチ処理の高速化による経営改革

損益計算を日次処理することにより、迅速な経営判断と効果的な施策を支援

Variety(多様なデータの組み合わせ分析)

SNS情報を分析して企業リスクを回避

早期に予兆を検知して、重大トラブルを未然防止

膨大なアクセスログを分析してビジネスチャンスを創出

従来の購買履歴にアクセスログの分析結果を融合してビジネスを拡大

お客様一人ひとりに最適なレコメンドにより販売機会を創出

お客様属性と多様な情報を掛け合わせてレコメンドを表示

Velocity(リアルタイムなデータ処理)

位置情報を利用したリアルタイムなクーポン配信サービス

会員と店舗を「今いる場所」でマッチングしてレコメンド

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

トップ  |   Why FUJITSU  |   実現する技術  |   活用シーン例  |   特集記事  |   カタログ  |   製品

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)