このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のミドルウェア >
  4. ビッグデータ活用を支えるソフトウェア

ビッグデータ活用を支えるソフトウェア

ビッグデータ活用を支えるソフトウェア

近年、社会生活のさまざまなシーンで生まれるデータ量は飛躍的に増大し、これらをビジネスに活用するニーズが高まっています。
ビッグデータと呼ばれるこれらのデータがなぜいま注目されているのでしょうか。それはタイムリーに意思決定できて、"収集・分析・意思決定・アクション"のサイクルを短期間でまわすことにより、継続的な成長に向けてビジネスのプロセスそのものを革新できるからです。

ビジネス活動で発生する様々なデータ

富士通はビッグデータ活用をクラウドとオンプレミスから支え、お客様のビジネスに貢献します。クラウドではコンバージェンスサービスを、オンプレミスではクラウドで磨いた技術をソフトウェア製品として、体系化しました。
お客様のご要望にしっかりと応え、スムーズかつスピーディにビッグデータを活用するためのソリューションを実現してまいります。

3つのニーズを実現する富士通の技術・製品

富士通におけるビッグデータ商談では、3つのニーズに大きく分かれています。
富士通のミドルウェアでは、企業活動でのあらゆるニーズにおけるビッグデータ活用を支援します。

ニーズ1

既存領域のデータ処理改革

バッチ処理の高速化で、データ処理改革を実現

ニーズ2

埋もれているデータの利活用

多種多様なデータに対応、さまざまな分析を実現

ニーズ3

新たな領域でデータの利活用

大量のイベントデータをリアルタイムに解析、判断

eラーニング

関連プレスリリース

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

  トップ  |   Why FUJITSU  |   実現する技術  |   活用シーン例  |   特集記事  |   カタログ  |   製品

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)