このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のミドルウェア >
  4. 節電・事業継続対策情報

富士通のミドルウェア 節電・事業継続対策情報 お客様の節電対策、事業継続対策の強化に役立つ、富士通のミドルウェア製品の情報を掲載しています。

消費電力削減: 消費電力削減に役立つミドルウェア製品をご紹介します。
事業継続: 事業継続対策を強化するミドルウェア製品をご紹介します。

消費電力削減

ミドルウェアによるパソコンの節電対策

ピークシフト機能で節電対策[特集記事]

富士通製ノートパソコンに提供されている「ピークシフト設定ユーティリティ」とSystemwalker Desktop Patrol V14gを連携させることで、ノートパソコンの節電設定を効果的に運用することができます。

オフィスの消費電力・印刷用紙を削減[特集記事]

富士通のSystemwalker Desktopシリーズは、業務効率を損なうことなく、オフィスのIT機器の消費電力削減への取り組みを促進します。

ご紹介製品

パソコンの資産管理、セキュリティと省電力対策
Systemwalker Desktop Patrol V14g

ミドルウェアによるサーバの節電対策

人手による運用作業を自動化し、
データセンターの運用コストと消費電力を削減
[特集記事]

仮想環境を含めたサーバの起動や停止を適切な順序で自動実行できるため、使用しないサーバの電源を効率的にOFFにし、消費電力を削減することができます。

ご紹介製品

運用手順書に従って人手で行っていた運用作業を自動化
Systemwalker Runbook Automation V14g

システムの自動運用と柔軟なジョブスケジューリング[特集記事]

複雑なシステム運用の自動化による安定稼働と、運用コストや消費電力の削減についてご紹介します。

ご紹介製品

システムの自動運用とジョブスケジューリング
Systemwalker Operation Manager

省エネ対策とIT基盤の最適化、どう進めていくか?[富士通からの環境メッセージ]

これからの企業の省エネ対策の具体的な展開へ向けて、各製品が有する機能をどう活かしていけるのか。各プロダクト担当者によるディスカッションを通して解説いたします。

オフィス内ICT機器の見える化によるエコソリューション

富士ゼロックスと富士通、オフィス内のエコ化に向けたICT機器の一元的な稼働状況のモニタリングを実現[プレスリリース]

ソフトウェア連携により、個々のパソコンと出力機器の消費電力データが運用管理ソフトウェアで一元的に管理できるのは、ICT業界初の取組みです。

ご紹介製品

パソコンからの情報漏えい防止、印刷量の見える化
Systemwalker Desktop keeper V14g

パソコンの資産管理、セキュリティと省電力対策
Systemwalker Desktop Patrol V14g

掲載メディア インフォメーション

事業継続

広域災害への対策

大切なデータを守り、早期システム復旧による事業継続を実現[特集記事]

要件とコストのバランスを考慮した「データを災害から守る方法」をご紹介します。

ご紹介製品

データベース
Symfoware Server

災害対策実現データベースソフトウェア
Symfoware Active DB Guard

データベースミラーリングによる業務継続を実現するソフトウェア
Symfoware Server Mirroring Controller

クラウドサービスの利用

富士通データセンターのICTリソースを利用することで、災害・停電等の非常時に企業の情報システム機能を維持し、業務を継続。

ご紹介製品

クラウドサービス
FUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5 対応 富士通製ミドルウェア

本ページに記載された内容は、掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)