このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. 富士通のLinux情報 >
  4. カタログ・資料

カタログ・資料

カタログ

PDF  Red Hat Enterprise Linux KVM 活用ソリューション

(1.24 MB / A4・2ページ、A3・5ページ)
KVMを活用したソリューションについて紹介しているカタログです。

PDF  富士通 x レッドハットのLinuxソリューションカタログ

(2.7 MB / A4・2ページ、A3・5ページ)
当社とレッドハット社の協調、その協調関係から実現したソリューションなどについて紹介している共同カタログです。

製品サポートカタログ(SupportDesk)

当社の製品サポート「SupportDesk」について紹介しているカタログです。

PCサーバ PRIMERGY総合カタログ

最新のIntel製プロセッサを搭載し、コストパフォーマンスに優れたPCサーバPRIMERGY(プライマジー)の製品カタログです。
PCサーバPRIMERGY(プライマジー)は、お客様のソリューションに最適な製品ラインナップを提供しています。

基幹IAサーバ PRIMEQUESTカタログ

業界標準のオープン・アーキテクチャーをベースに、富士通がメインフレームで培ったノウハウ、テクノロジーを集結したオープン・ミッションクリティカルサーバです。
オープン環境で高い信頼性と拡張性が求められるデータベースシステム、ERPソリューション、基幹システム再構築(メインフレームシステムのオープン化)などのプラットフォームとして、圧倒的な威力を発揮します。

講演資料

RED HAT FORUM 2013新しいウィンドウで表示
2013年11月15日(金曜日)  会場:ザ・プリンス パークタワー東京(芝公園)

RED HAT FORUM 2013は、国内最大級のオープンソースソフトウェア(OSS)イベントです。今年のテーマは「OSSのイノベーションで事業成長を」。富士通は以下のテーマで講演しました。

タイトル 「富士通によるクラウドの実践」
日時 11月15日(金曜日) 14時~14時40分
発表者 富士通株式会社 クラウド事業本部
プリンシパル・アーキテクト
吉田 浩
Yoshida
内容 PDF  説明資料(7.91 MB / A4・51ページ)

企業のICT基盤は業務効率化を実現するものから新しいビジネスを創造するものへと変革しています。それを実現するのが富士通のクラウド「FUJITSU Cloud Initiative」です。お客様へのご提案にあたり、我々自身もクラウドを実践しています。今回、富士通が実践するSaaSに加え、RHEL/KVMをベースとしたIaaS、プライベートクラウド、およびそれらのハイブリット利用についてご紹介します。

LinuxCon Japan 2013新しいウィンドウで表示
2013年5月29日(水曜日) ~ 5月31日(金曜日)  会場:椿山荘

LinuxCon Japanは、Linuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)の開発に携わる世界中のエンジニアが集うカンファレンスです。富士通は以下のテーマで講演しました。

タイトル 「From mm-summit」
日時 5月29日(水曜日) 16時20分~17時10分
発表者 富士通株式会社
亀澤 寛之
Kamezawa
内容 PDF  説明資料(502 KB / A4・17ページ)

2013年4月に行われた開発者会議、Memory Management Summitのトピックを判り易く解説します。今後のメモリ管理の動向や現在のLinuxの問題点を知る参考にしてください。

タイトル 「Memory Hotplug」
日時 5月29日(水曜日) 12時~12時50分
発表者 富士通株式会社
石松 靖章
内容 PDF  説明資料(1.46 MB / A4・31ページ)

Linuxでは物理メモリを動的に追加・削除するためのメモリホットプラグの開発が 2003年に始まりました。まず始めに、メモリを動的に追加するメモリホットアッドの機能が2006 年にサポートされ、 2012 年からメモリを動的に削除するメモリホットリムーブ機能の開発が本格的に始まりました。
本発表では、メモリホットリムーブの開発における課題と現在の状況、そして、今後の開発内容について説明します。

タイトル 「kdump: Improve reliability on kernel switching」
日時 5月30日(木曜日) 12時~12時50分
発表者 富士通株式会社
印藤 隆夫
内容 PDF  説明資料(808 KB / A4・43ページ)

Linuxの標準ダンプ機能であるkdumpは、運用カーネルでpanicが発生するとダンプ採取用カーネルに切り替えてダンプ採取を行う仕組みです。kdumpの問題点として、カーネルの切り替え時にデバイスが動き続けているため、デバイスからの干渉(DMAや割込み)によりダンプ用カーネルが不安定になり、その結果ダンプ採取が失敗することがあります。特に、IOMMUを使用しているとこの問題が顕著に表れます。
本発表では、このようなカーネル切り替え時の問題に言及し、その解決策、実装案について説明します。

タイトル 「Kdump: towards fast and stable crash dumping on terabyte-scale memory system」
日時 5月30日(木曜日) 16時20分~17時10分
発表者 富士通株式会社
畑山 大輔
内容 PDF  説明資料(906 KB / A4・39ページ)

近年テラバイトを越えるメモリを搭載するシステムが出現しています。Linuxの標準ダンプ機能であるkdumpはスケーラビリティの面で種々の問題がありました。

  • kdump 2ndカーネルがメモリ不足で異常終了する
  • メモリフィルター処理で1TBあたり40分余分に時間がかかる

本発表ではこれらの問題と最近コミュニティーで行われた改善について私が関わったものを中心に説明します。

技術資料

基幹IAサーバ PRIMEQUESTおよびPCサーバ PRIMERGYの、Linuxに関係する技術情報をご紹介します。

PRIMEQUESTのLinux技術情報

PRIMEQUESTのLinux関連ガイドおよびマニュアルをご紹介します。

PRIMERGYのLinux技術情報

PRIMERGYでLinuxをご利用する際に役立つ情報をご紹介します。