このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソフトウェア >
  3. ライセンス・サポート >
  4. 富士通製ミドルウェアのライセンス体系について

富士通製ミドルウェアのライセンス体系について


富士通製ミドルウェアの提供形態

富士通製ミドルウェアの提供形態は、大きく以下の2つに分類されます。

媒体(メディア)とライセンス分離型

媒体(メディア)とライセンスを別製品としている形態です。
媒体(メディア)とはミドルウェアをインストールするためのプログラムが入ったCDまたはDVDなどです。この形態では媒体(メディア)にミドルウェアを使用するための権利は含まれておりません。ミドルウェアのご使用にあたっては、別途ライセンスを購入する必要があります。
ライセンスとはサーバやパソコンでミドルウェアを使用するための権利です。本ページ下方「富士通製ミドルウェアのライセンス体系」の項目で説明している"ライセンス名称例"で「プロセッサライセンス」や「サーバライセンス」などがこれに該当します。

フルパッケージ型

媒体(メディア)とライセンスが1つに同梱(フルパッケージ)されている形態です。ライセンスが同梱されているためパッケージを購入するだけで使えるというメリットがあります。
また、同梱されているライセンスでは足りない場合にライセンスを追加したり、後から追加でライセンスが必要になった場合などに備えて「ライセンスパック」製品も用意しています。「ライセンスパック」製品は1ライセンスを基本として用意しており、製品によっては多数のライセンスをまとめた5ライセンスパック、20ライセンスパック、100ライセンスパックなども用意しています。

富士通製ミドルウェアのライセンス体系

富士通製ミドルウェアのライセンス体系を構成する主なライセンスタイプを解説します。なお製品によっては、ライセンスタイプを組み合わせて購入する必要がある物もあります。また、ここでご紹介しているライセンスタイプにあてはまらない製品もあります。

搭載プロセッサ数従量制
(マルチコアプロセッサの場合は「コアの総数 × 特定の係数分(小数点以下端数切上げ)」を購入)

搭載プロセッサ数従量制
ライセンス名称例 プロセッサライセンス
購入方法 ソフトウェアをインストールするサーバに搭載されているプロセッサの数に応じて、以下のとおり購入が必要です。
  • シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサあたり1本の購入が必要です。
  • マルチコアプロセッサの場合は、コア総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
なお、コア係数に関してはページ下方「マルチコアプロセッサ搭載サーバにおけるプロセッサライセンスカウント方法」をご覧ください。

搭載コア数従量制

搭載コア数従量制
ライセンス名称例 コアライセンス
購入方法 ソフトウェアをインストールするサーバに搭載されている総コア数分のライセンス購入が必要です。

インストール台数従量制

インストール台数従量制
ライセンス名称例
  • サーバライセンス
  • ライセンスパック
  • ライセンス名称の記載がない製品(フルパッケージ型の製品)
購入方法 ソフトウェアをインストールするコンピュータの台数に応じて購入します。

クライアント台数従量制

クライアント台数従量制
ライセンス名称例 クライアントライセンス
購入方法 クライアント用ソフトウェアをインストールするコンピュータの台数に応じて購入します。

クライアント同時接続数従量制

クライアント同時接続数従量制
ライセンス名称例 クライアントライセンス
購入方法 サーバへ同時に接続するクライアント数に応じて購入します。

ユーザー数従量制

ユーザー数従量制
ライセンス名称例 ユーザーライセンス
購入方法 サーバに登録するユーザー数に応じて購入します。

監視対象ノード数従量制

監視対象ノード数従量制
ライセンス名称例 ノードライセンス
購入方法 サーバから監視される監視ノードの数量に応じて購入します。

機種クラス従量制

機種クラス従量制
ライセンス名称例 サーバライセンス
購入方法 ソフトウェアをインストールするサーバの「機種クラス(下記別表をご覧ください)」に応じて購入します。

【機種クラス】

機種クラス一覧表
モデル名 機種クラス
PRIMEQUEST 2800L
PRIMEQUEST 2800E
PRIMEQUEST 1800L / 1800L2
PRIMEQUEST 1800E / 1800E2
M3
PRIMEQUEST 2400L
PRIMEQUEST 2400E
PRIMEQUEST 1400L / 1400L2
PRIMEQUEST 1400E / 1400E2
M2
PRIMEQUEST 2400S / 2400S Lite
PRIMEQUEST 1400S / 1400S2 / 1400S2 Lite
L2

マルチコアプロセッサ搭載サーバにおけるプロセッサライセンスカウント方法

マルチコアプロセッサが搭載されているハードウェアをご利用の場合、総コア数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスを購入する必要があります。なお、本内容は2014年4月時点のものであり、その後予告なしに変更されることがあります。

プロセッサライセンスカウント 一覧表 [2014年4月時点]
機種区分 モデル 搭載プロセッサ 係数
PCサーバ PRIMERGY Intel社製またはAMD社製マルチコアプロセッサ(Itaniumを除く) 0.5
他社製PCサーバ(マルチコアプロセッサ搭載モデル)
UNIXサーバ SPARC M10 注1
SPARC64 X+ 0.5
SPARC64 X 0.5
注2
0.75
注3
SPARC Enterprise SPARC64 VI / SPARC64 VII / SPARC64 VII+ 0.75
UltraSPARC T1 / UltraSPARC T2 / UltraSPARC T2 Plus 0.25
SPARC T3
SPARC T4 0.5
S Series UltraSPARC IV / UltraSPARC IV+ 1.0
UltraSPARC T1 / UltraSPARC T2 / UltraSPARC T2 Plus
基幹IAサーバ PRIMEQUEST 2000 / 1000シリーズ Xeon 0.5
PRIMEQUEST 500A/500/400シリーズ Itanium 0.5
上記以外のマルチコアプロセッサ搭載モデル   1.0

(注1)

コア数は、対象コンピュータに搭載されるプロセッサコアの内、使用が有効化(アクティベート)されるプロセッサコアの総数をカウントします。

(注2)

2014年4月1日以降に対象プログラムを契約締結の場合です。

(注3)

2014年3月31日までに対象プログラムを契約締結の場合です。

購入例

代表的な購入例をいくつかのパターンでご説明します。

インテル社製「Core i3-4330」(2コア)を1個搭載するPRIMERGYの場合

  • コア数の合計 : 2 コア × 1 CPU = 2 コア
  • 必要プロセッサライセンス数 : 2 コア × 0.5 = 1

プロセッサライセンスは、1 ライセンス必要です。

  • 次へ

「SPARC64 X+」(16コア)を2個搭載するSPARC M10の場合

  • コア数の合計 : 16 コア × 2 CPU = 32 コア
  • 必要プロセッサライセンス数 : 32 コア × 0.5 = 16

プロセッサライセンスは、16 ライセンス必要です。

  • 前へ
  • 次へ

インテル社製「Xeon E7-8890 v2」(15コア)を4個搭載するPRIMEQUEST 2000シリーズの場合

  • コア数の合計 : 15 コア × 4 CPU = 60 コア
  • 必要プロセッサライセンス数 : 60 コア × 0.5 = 30

プロセッサライセンスは、30 ライセンス必要です。

  • 前へ

Microsoft Azure上で使用する場合

富士通のパブリック・クラウドサービス「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft AzureTM(旧名称 Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/A5 Powered by Windows AzureTM)」または「Microsoft Azure Platform」上で使用する場合、プロセッサライセンスのカウント方法は、富士通製ミドルウェアを使用するMicrosoft Azure Platform上のインスタンスに割り当てられたCPU数(インスタンスサイズに割り当てられたインスタンススペックの中央処理装置数を示します)により、以下のとおりとなります。

Microsoft Azure Platform上のコンピュートインスタンスのCPU数に係数0.5を掛け、小数点以下を整数に切り上げて算出した数

Microsoft Azure Platformのコンピュートインスタンスごとの必要ライセンス数は以下のとおりです。

Microsoft Azure Platformのコンピュートインスタンスごとの必要ライセンス数 一覧表[2011年7月以降有効]
インスタンス サイズ CPU 係数 必要なプロセッサライセンス数
XS(eXtra Small) 富士通製ミドルウェアは、インスタンスサイズS以上での動作を保証しており、本インスタンスサイズは動作保証対象外です。
S(Small) 1 0.5 1ライセンス
M(Medium) 2 0.5 1ライセンス
L(Large) 4 0.5 2ライセンス
XL(eXtra Large) 8 0.5 4ライセンス

仮想環境利用時のライセンス購入方法

富士通製ミドルウェア製品を仮想環境で使用する場合のライセンスカウント方法は以下のとおりです。

サーバ本体(または、ハードウェアパーティション)単位で購入

仮想環境を構築した場合でも、仮想化を行わない場合の購入方法と同様になります。また、当該サーバ上では複数の仮想空間で使用できます。なお、仮想サーバ単位での購入をご希望の場合は、当社担当営業までご相談ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)