このページの本文へ移動

FUJITSU Software NetCOBOL
特長

COBOLの特長

COBOL(COmmon Business Oriented Language)は、事務処理向けに開発されたプログラム言語です。 10進演算、ファイル処理、帳票作成などの事務処理に特化した仕様と英語表現に似た文法で、読み易く分かり易いプログラム記述が可能です。COBOLには、以下の特長があります。

  • 高生産性
    • 基幹業務に必要な機能を言語仕様で装備
    • 英語表現の文法であり、手続き名や項目名に日本語も使用でき、読みやすいプログラムを作成可能
  • 高性能
    • 10進演算、文字列操作など、言語仕様で標準装備のため、高い実行性能を実現
    • 大量データもファイルのレコード単位の操作、ソート、マージで高速処理を実現
  • 高信頼性
    • 40年以上も国際規格で上位互換が守られ、多くのプラットフォームをサポート
  • 将来性
    • オブジェクト指向など新たな仕様も順次、国際規格化
    • 規格以外でも、最新テクノロジー・最新環境との連携に積極的に対応

富士通COBOLの取り組み

富士通COBOLはメインフレームに提供してから40年の実績があります。1992年、PowerCOBOLシリーズとして、オープンプラットフォームにCOBOLの統合開発環境を提供しました。以降、GUIビルダ、オブジェクト指向、Javaとの連携機能など機能強化しました。2001年、NetCOBOLシリーズとして名前を一新し、現在に至っています。
COBOLは上位互換性を維持しながら、最新テクノロジーに対応していますので、PowerCOBOL97で作成したオブジェクトも、そのままNetCOBOLの運用環境で動作します。

富士通COBOLの取り組み


図中のJIS COBOL、F3 COBOL、F5 COBOL、COBOL Gはオフコンの製品、COBOL85はメインフレームの製品です。
NetCOBOLは、PowerCOBOL97の最新バージョン製品です。PowerCOBOL97のオブジェクトをそのまま動作できます。NetCOBOLは、各プラットフォームへ展開しています。

各プラットフォームへの展開時期
プラットフォーム 提供時期
Windows1992年~
Solaris1992年~
.NET Framework 2002年6月~
Linux2003年2月~

NetCOBOLの特長

NetCOBOLは、COBOLの特長を活かし、最新テクノロジー・最新環境に対応したオープンプラットフォームのCOBOL開発環境です。
NetCOBOLには、以下の特長があります。

  • 長期間、安心して利用できるCOBOL資産の永続性
    国際規格や業界標準仕様、普通標準仕様にも対応し、将来に向けて安定した基幹システム運用、拡張が可能です。メインフレーム、オフコンの既存COBOL資産、スキル・ノウハウも充分活用できます。
  • 効率的で高生産なプログラム開発
    COBOL統合開発環境により、設計・プログラム・テスト・保守まで、開発プロセス全体の効率化が図れます。バッチからWebアプリケーションまで、最新技術と連携したプログラム開発が可能です。
  • 基幹システムの価値拡大
    .NET、Javaなど最新技術との連携で、基幹システムの適用範囲を拡大・発展できます。特にアプリケーションサーバ「Interstage」、統合運用管理「Systemwalker」、高信頼性データベース「Symfoware」を中心とした富士通IT基盤「TRIOLE」と連携することにより、堅牢で柔軟性の高い基幹システム構築が可能です。
  • 高い実績と信頼
    国内出荷トップの実績。富士通の支援サービス「SupportDesk」と全国各地の営業拠点のサポート体制により、安心して長期間ご利用いただけます。

NetCOBOLと先端技術

NetCOBOLは、COBOLの国際規格をベースに、各種RDB、画面・帳票、最新インターネット技術を組み合わせたCOBOLアプリケーションを作成することができます。NetCOBOLなら、変化の激しい今日のビジネス環境で、お客様の経営を支える基幹システムの信頼性、安定性、効率化を追及したシステム構築が可能です。

NetCOBOLと先端技術

Java .NET 画面定義体 バッチ データベース 帳票 既存システム

ビッグデータ

大規模データを効率的に分散・並列処理する「Interstage Big Data Parallel Processing Server」と組み合わせることで、COBOLプログラムをMapReduceアプリケーションとして実行できます。これにより、逐次処理を行っていた従来のバッチ処理を、複数のサーバで並列処理することでバッチ処理を高速化できます。既存のCOBOLアプリケーションを利用できるため、高い移行性が確保されます。

オンライン

Web技術、柔軟性の高いJavaでフロントシステムを利用し、ビジネスロジックの生産性、実行性能の高いCOBOLを、ミドル・バックシステムに利用することで、言語特性を利用し、拡張性の高い基幹システム構築が可能です。フロント、ミドル・バックシステムの間に、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage Application Server」を配置することにより、堅牢なトランザクションシステムを構築できます。更に、「Interstage Business Application Server」を利用することで、高度な制御ロジックを実現できます。

バッチ

膨大なビジネスデータを扱うバッチ業務は、基幹システムを支える基盤です。メインフレーム・オフコンの富士通COBOLから継承された、NetCOBOLの高い実行性能、信頼性は、オープンシステムのバッチ業務に最適です。さらにバッチ処理基盤「Interstage Job Workload Server」を組み合わせることで、バッチ処理の安定稼動と運用性向上を実現することができます。また、総合運用管理「Systemwalker」との連携で、サーバの起動、終了からバッチ処理の起動、エラーリカバリーまで、24時間365日、トータルなバッチ運用を実現できます。

.NET

NetCOBOLは、マイクロソフト社の.NET Frameworkに完全に対応しています。Webアプリケーション、Webサービス、Windowsアプリケーション、コンソールアプリケーションなど、.NETの特性を活かしたシステムをCOBOLで構築できます。また、.NETは、Visual BASIC、C#などマルチ言語連携をサポート。これにより、PDA、携帯、タブレットPCなど最新ビジネスツールを利用したシステムへ柔軟に展開できます。さらに、Visual Studio .NETをCOBOLの標準開発環境としていますので、開発効率が飛躍的に向上します。

クラウド・コンピューティング

Microsoft Azure向けNetCOBOLでは、マイクロソフトの「Microsoft Azure」と富士通の「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure」のMicrosoft Azureに対応したCOBOLの実行環境を提供します。COBOLアプリケーションを「Microsoft Azure」上へ容易にマイグレーションできます。また、使い慣れたVisual Studioの開発環境が利用できるため、従来同様に「Microsoft Azure」上のアプリケーション開発ができます。

データベース・ファイル

基幹システムの中核となるのは、データ集計・分析です。ビジネスの拡大に伴い、取り扱うデータも飛躍的に増加しています。NetCOBOLと各種RDBを組み合わせることにより、データの集計・分析をより早く実現できます。さらに「PowerSORT」を導入することにより、データのソート・マージが高速化され、基幹システムのパフォーマンスを向上できます。

画面定義体

入力データチェック、ファンクションキー、カーソル移動など、基幹システムの画面に求められる操作が可能です。さらに、この画面定義体をそのまま利用し、Web運用することも可能です。メインフレーム・オフコンなど従来システムと同様の画面操作を、オープンシステムで実現できるため、システムをご利用になるお客様の教育も必要ありません。画面は、NetCOBOLの専用ツール「FORM」で作成、COBOLプログラムからは、READ文/WRITE文を利用することで、COBOLのノウハウで画面操作性の優れた基幹システムを構築できます。

帳票・電子帳票

基幹システムに求められる、きめ細かな帳票出力を実現できます。豊富な文字、罫線、図形により、きれいで見やすい帳票が作成できます。帳票製品「Interstage List Works」と連携することで、COBOLプログラムからの帳票出力をそのまま電子化できます。これにより、業務システムのコスト削減、帳票情報の共有が図れます。帳票はNetCOBOLの専用ツール「FORM」で作成、COBOLプログラムからの帳票出力は、WRITE文を利用し、COBOLのレコード出力イメージで帳票出力が可能です。

既存システム

メインフレーム・オフコンの基幹システムをご利用ならば、オープンシステムをアドオンし、トータルなシステム構築も可能です。メインフレーム・オフコンは、長期間、高可用性が求められる業務に最適であり、オープンシステムは、即時性、定期的に見直しが可能な業務に最適です。メインフレームとは、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage」によるアプリケーション間の連携が可能であり、マルチサーバ基盤「XLシリーズ製品」では、マルチサーバ環境のデータ交換、データ共用、ジョブの監視・操作が可能です。オフコンとは、データベースの複製・共用管理「PowerReplication」を利用したデータ連携が可能です。

NetCOBOLの製品概要

NetCOBOLは、Windows、.NET、Solaris、Linux上で動作するCOBOLアプリケーションの開発環境製品と運用環境製品を提供しており、以下の要領でCOBOLアプリケーションを作成/運用します。

NetCOBOL開発環境製品と運用環境製品
  • 既存COBOL資産、スキル、ノウハウを活用しながら、NetCOBOL開発環境製品によりCOBOLアプリケーションを作成します。
  • 作成したCOBOLアプリケーションを運用環境に配置し、NetCOBOL運用環境製品により運用します。

また、メインフレーム/オフコンのCOBOLは、コンパイラのみですが、NetCOBOLは設計、プログラミング、テスト、保守といった開発サイクル全般を支援する総合開発環境を提供しています。



この製品についてもっと詳しく

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)